見出し画像

ことばのない芝居に、ことばをのむ。濃密な静けさが確かにあった15分。上演風景ムービーも!#交換留藝 #演劇 #人生是喜怒哀楽

7月27日から8月26日まで、ぶっ通しで制作に取り組んできた「人生、是〈アレコレ〉、喜怒哀楽プロジェクト」。インターン生によるアウトプットを経た2週目に続き、演出家のまんぼさんに、俳優の小林英樹さん、浅野美保さんを加え、8月19日(水)に1回目の上演を行いました。

メンバへのインタビューをもとに生み出された作品は3つ。まずはその作品をご覧あれ!

当日は、毎日忙しく活動に走るほっちのロッヂのメンバたちに加え、夏休み中の子どもたち、通いの場に通ってきてくださっていた方たち、ウワサを聞きつけてのぞきに来てくれたご近所の方たちなどなど、20名ほどがこじんまりと集い、間近で繰り広げられるお芝居に目を凝らしました。


ほっちのロッヂのアトリエを舞台のように使うのは今回がはじめて。使っていない畳も持ち出して客席を作り、窓の外美術館でお借りしていた木彫りの作品も添えたら、なんだか雰囲気はすっかり野外の芝居小屋。

画像4

照明も、音響も、最小限の設備だけれど。1つの芝居が終わるごとに、鳥のさえずりや風の音で日常に引き戻され、お芝居が始まるとまたその世界に引き込まれて…という効果は、意図せず生み出された空間の力でした。


この日の上演までに約3週間。インタビューや活動を通してアーティストが築いた関係の中に、「自分の話したエピソード、どんな作品になっているんだろう」と思い入れをもって集い、関心をもって見てくれるメンバやお客さんがいてこそ成り立つ、濃密な静けさがそこにはありました。

寄せられた感想もさまざま。言葉のはたらきに思いを馳せた人や、なんだかとにかく感動したという人まで、生の演技にふれることで生まれるパワーを感じる1日でした。

寄せられた感想から(順不同、匿名)
・言葉がなくてもこんなに伝わるんだなと思った。
・なぜか分からないけど、2幕目で感動して泣きそうになった。曲と歌詞、演技が重なって見えたからかな。
・伝わってくるものを自分なりにどう受け取るかを意識した。コミュニケーションって「どう伝えるか」より「どう受け取るか」なのかなと。
・ストーリー全体として伝わるというよりも、瞬間瞬間で伝わってくる、つながる思いがあった。
・豊かで贅沢な時間だった。こういうのが最近欲しかったんだなと。

画像2

画像3

インターンのゲンゲンも、意図せず俳優デビュー。インターン生として濃密な3週間を過ごした彼の佇まいもまた、良い味を出していましたよね。中には「2幕目で家を出てったゲンゲンが、3幕目で大きくなっておじいちゃんの面倒を見ているなんて…」と涙してしまった人もいました。もはや親心ですね!

画像4

2回目の上演リポートもお楽しみに。

ほっちのロッヂ公式note上で「人生、是〈アレコレ〉、喜怒哀楽プロジェクト」の模様について連載をしています。記事は一部有料となりますので、プロジェクトを応援したい!という方はぜひ購読を願いします。

🏡今後の連載予定 ※( )内は更新予定日。2020年。
1. はじめの一歩、メンバへのインタビューリポート(8/2)
2. インターンと過ごす 1 week!ワークショップ密着リポート(8/4)
3. 早速第1弾!アウトプットDAY告知(8/6)
4. アウトプットDAY①リポート&動画(8/14)
5. アウトプットDAY①フィードバックリポート(8/14)

6. ゲストインタビュー①まんぼさん(8/17)
7. ゲストインタビュー➁小林英樹さん(8/17)
8. ゲストインタビュー③浅野美保さん(8/17)

9. いよいよ第2弾!アウトプットDAY告知(8/18)
10. アウトプットDAY➁リポート&動画(9/4)← 本記事
11. アウトプットDAY➁フィードバックリポート(9/4)← 本記事

12. 矢継ぎ早に第3弾!アウトプットDAY告知(8/26)
13. アウトプットDAY③リポート&動画(未定)
14. アウトプットDAY③フィードバックリポート(未定)
15. 企画リポート速報「演劇は世界を動かしたのか?」(9/7)

このプロジェクトは、アーティストが一定期間ほっちのロッヂに滞在し、作品を制作する「交換留藝」の一環として行われます。現在、滞在制作に興味のあるアーティストを募集中です。応募は下記のフォームより。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

あの人に届くと、もしかするといいかもしれない、そんなことが頭に浮かんだならば、ぜひ教えて差し上げてください。

ほっちのロッヂにご興味のある方は、よければ、ご友人に直接話をしてくださったり、このnote記事に「スキ」、ツイッターなどSNSでシェアしてくださると、嬉しいです。

ほっちのロッヂ
info@hotch-l.com
書き手・文責:唐川エミリー

演出:まんぼ
出演:小林英樹、浅野美保、市橋源
舞台・音響:唐川恵美子
映像制作:市橋源
音楽:
タイプライター(L. アンダーソン)
道程(タテタカコ)
月の光(ドビュッシー)

また、「スキ」待ってます!
4
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com

こちらでもピックアップされています

食や文化のこと
食や文化のこと
  • 19本

診療所とデイサービス。だけれど、わたしたちは制度が示す役割以上のものを目指し「ケアの文化拠点」をつくろうとしています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。