見出し画像

ほっちのロッヂの診療所。内科・小児科・緩和ケア科。訪問診療・往診・予防接種も受け付けています。

画像1

・まずは 0267-31-5517まで、お電話を!

「熱がでた」「咳が止まらない」などの症状を知らせるお電話を事前にいただけると、私たちもあなたのために準備をすることができます。

・内科、小児科、緩和ケア科

生まれたての赤ちゃんの風邪、元気盛りのお子さんのケガ、思春期の心と体のこと。
大人になってから思いがけない身体の症状や家族計画のこと。
認知症の症状や、病となってもご自宅で最期を迎えたい方、そのご家族まで、サポートできる医療チームです。
大人から子どもまで、各種予防接種を行っています。

スクリーンショット 2020-05-07 11.22.50

スクリーンショット 2020-05-19 11.12.58

・お支払いは月まとめ

お支払いは月まとめにて、翌月中旬までにご自宅に請求書と振り込み用紙をお送りします。コンビニ払い、もしくは銀行振り込み対応です。口座引き落とし・直接お支払いをご希望の場合はご相談ください。

・お薬との付き合い方、取りに行き方

受診時、今お使いの薬局のお名前を教えてください。診療の後すぐにほっちのロッヂの診療所から薬局へお薬の調剤を依頼し、あなたが薬局に取りにいく頃には、お薬が出来ている状態を実現することができます。
車がない、身体が辛くて取りに行くのが大変な場合は、ご相談ください。お薬を配達してくれる薬局とも連携しています。

・8時から12時までは外来
・13時から 17時までは訪問診療・往診

画像2

(訪問診療チーム!紅谷&井上です)

在宅医療には、医師が定期的に診察に伺う「訪問診療」と、体の具合が悪くなった方の求めに応じて訪問する「往診」とがあります。

「訪問診療とは、患者の状態に基づき、診療計画を立てて定期的に訪問し、医療的なサポートを行うことです。訪問診療の頻度は、月2回程度ですが、患者の状態により、週に複数回の訪問も可能です。 総合病院や専門医の受診を継続しながら、訪問診療をご利用いただくことが可能です。
往診」とは、 状態の急変時、高熱、嘔吐、痛み等、定期的な訪問診療以外で対応が必要な場合、夜間や休日も24時間いつでも必ず電話対応し、必要に応じて診療を行うことです。
※担当医不在時や、休日当番医体制時には、他の担当医が訪問する場合があります。
※他の患者の対応等により、ご自宅へ到着するまでに一定時間を要する場合があります。

ほっちのロッヂの診療所は、「訪問診療」と「往診」を組み合わせながら、24時間365日、ご自宅での療養生活を支えていきます。また、ケアマネジャーや訪問看護、訪問介護、訪問リハビリなどの介護サービスと連携し、チームを組んでご自宅での生活をサポートします。

在宅医療を利用しながら、病院での専門的な治療や検査を受けることも可能です。入院が必要となった場合は、診療所のスタッフが、地域の病院と連絡を取り合い、入院先の手配・調整を行います。

お薬については、院外処方となります。 かかりつけ薬局があれば、引き続き利用できます。
 ※薬剤師による居宅療養管理指導を利用される場合、お薬の説明や残っているお薬の調整、さらに、休日、夜間の緊急時でも24時間365日対応が可能です。

オンライン診療については、下記の画像をクリックしてください。

画像3

私たちの特徴については、下記の画像をクリックしてください。

スクリーンショット 2020-06-02 22.47.28

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

あの人に届くと、もしかするといいかもしれない、そんなことが頭に浮かんだならば、ぜひ教えて差し上げてください。

ほっちのロッヂにご興味のある方は、よければ、ご友人に直接話をしてくださったり、このnote記事に「スキ」、ツイッターなどSNSでシェアしてくださると、嬉しいです。


ほっちのロッヂ
info@hotch-l.com
文責:藤岡

(2020.5.19 記事更新)



また、「スキ」いただけるように書いていきます!
20
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com

こちらでもピックアップされています

ケアのこと
ケアのこと
  • 15本

人の強みや繋がる力を引き出す医療。介護する・介護されるという二者をつくらない。人の流れをつくり、ケアの連鎖をつくってゆこうとしています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。