新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ほっちのロッヂの診療所、オンライン診療、始めます。(保険適用です)

2020年4月13日(月)9時より、ほっちのロッヂの診療所ではオンライン診療を開始します。
新型コロナウイルスへの感染拡大予防のためにご自宅で過ごす方が多くいる中で、本当は病院にいきたいけれど、待合室での待ち時間や、移動に伴う色々な接触を避けようと試みている方もいらっしゃると思います。

そこで私たちほっちのロッヂの診療所では、医師によるオンライン診療(電話診療)を開始します。

・どんな症状が対象になる?

ほっちのロッヂの診療所は、内科・小児科・緩和ケア科です。
オンライン診療では、「熱」「せき」「新型コロナウイルスに関わるご相談」についてお受けします。
また、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「お子さんの体調の変化」、「持病の薬を出して欲しい」、「花粉症が大変」などの方も、この度オンライン診療の対象になります。(下記画像参照)

オンライン診療_bunner

上記以外の状態、例えば「怪我をした」など、「切り傷」や「打撲」「ねんざ」「予防接種」などの方は、ほっちのロッヂの診療所へ(下記画像参照)お越しください。
その際にも、症状を知らせるお電話をください。また、マスク着用にご協力ください。

診療所_bunner-1

・オンライン診療、5つの流れ

iOS の画像 (65)

1、0267-31-5517 へ電話 
・保険証を手元にご用意の上、お電話ください。
・普段、処方せんの薬を取りにいっている薬局を確認します

2、口頭でオンライン診療の同意

3、同意をされた方は、
保険証を手元にご用意の上、
・お名前
・生年月日
・性別(保険証に記載されているもの)
・連絡先(折り返しでつながる番号)
・住所(軽井沢町もしくは御代田町在住の方が対象)
・必要な保険情報

をお伝えください。
必要な保険情報については、メールでの写真送付が確実です。口頭での確認ではお時間いただきますことご承知ください。
(メール送付先:info@hotch-l.com)

→必要情報をいただいた後、30分以内に医師から折り返しお電話します。
→状況に応じて症状についての写真送付をお願いすることもあります。
(メール送付先:info@hotch-l.com)

4、ほっちのロッヂの診療所の医師から、折り返しのお電話
・その際に、オンライン診療の同意を再度いただきます
診察(10分間が目安になります)
・診察の結果に応じて往診、あるいは病院への紹介をさせていただく場合があります。
診療代は、3割負担の方で1000円程度が目安になります。処方や診療内容によって前後します。

5、支払いについて
別途、コンビニエンスストア払いか、振り込みになります。詳細はお電話にてご案内します。

・ほっちのロッヂの診療所の医師はこんな人たち

紅谷 浩之(ニックネーム:べにさん)

画像3

坂井 雄貴(ニックネーム:ゆうさん)

画像4

・対象地域は 軽井沢町・御代田町在住の方

ほっちのロッヂの診療所から16キロ圏内、往診可能な地域の範囲として、軽井沢町、御代田町在住の方が対象です。

・お薬との付き合い方、取りに行き方

オンライン診療時、普段、処方せんの薬を取りにいっている薬局のお名前を教えてください。
診療の後すぐにほっちのロッヂの診療所からその薬局へお薬の調剤を依頼し、あなたが薬局に取りにいく頃には、お薬が出来ている状態を実現することができます。
車がない、身体が辛くて取りに行くのが大変な場合は、ご相談ください。お薬を配達してくれる薬局とも連携しています。

・お支払いは月まとめ

お支払いは月まとめにて、翌月中旬までにご自宅に請求書と振り込み用紙をお送りします。コンビニ払い、もしくは銀行振り込み対応です。
お電話の際にもこちらの内容をお知らせします。


ほっちのロッヂ
info@hotch-l.com
文責:藤岡

(2020.5.7 記事更新)




また、「スキ」待ってます!
9
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com

こちらでもピックアップされています

ケアのこと
ケアのこと
  • 16本

人の強みや繋がる力を引き出す医療。介護する・介護されるという二者をつくらない。人の流れをつくり、ケアの連鎖をつくってゆこうとしています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。