クリエイティブ・カルテ:ダンスを観る・診る・看るプロジェクト、始まります! #交換留藝 #ダンス #クリエイティブカルテ
見出し画像

クリエイティブ・カルテ:ダンスを観る・診る・看るプロジェクト、始まります! #交換留藝 #ダンス #クリエイティブカルテ

福祉はクリエイティブ職と言う言葉にグッと来ました。まさに!実験研究したいど真ん中の領域でしたので募集に興味を持ちました。いのちの始まりと終わりに興味があります。宜しくお願いします^^

ある日、ほっちのロッヂに寄せられた交換留藝への応募。このプログラムでは、アーティストが一定期間ほっちのロッヂに滞在し、ここに集う人たちと交わりながら作品を作っていきます。

去年の実践はこちら👉

今回応募してきてくれたのは、パフォーミング・アーティスト兼ボディワーカーの小林三悠(こばやし・みゆき)さん。おとなり埼玉県で、障がいのある表現者の芸術文化活動支援に携わりながら、地域に密着した表現活動を模索しています。

画像1

お話する中で見えてきたのは「音が形に見える」というみゆきさんの特性。なんでも音の形が自分に向かってきて、それをよけるように動いてきたのだとか。トゲがある音だと特に危険そうですね。音がしたら踊らなきゃいけない、という強迫観念に駆られていた時もあったそう。

この度の滞在制作では、そんなみゆきさんをあえて診断してみよう、という試みを盛り込みます。それが「クリエイティブ・カルテ」。

クリエイティブカルテA50614

画像4

7月~9月の滞在期間中は、みゆきさんの作品鑑賞・対話の時間を通して、ほっちのロッヂメンバがチームでカルテを作成。出来上がってきたカルテからは、ほっちのロッヂのメンバが日々どのようにコミュニケーションを取り、どのような視点でケアを実践しているのかも、明らかになるかもしれません。

スライド2

カルテはメンバだけでなく、まちの人も書いてみることができます。本日6/14(月)より参加者募集スタート。企画の様子はこのnoteページ、公式Twitterでお伝えしていきますよ。

出来上がったカルテをもとに、みゆきさんが約2ヶ月をかけて作品を制作。作品は9月にお披露目予定です。

--------------------------------------------------------------------------------------
公演情報「クリエイティブ・カルテ~ダンスを観る/診る/診る」 
--------------------------------------------------------------------------------------

▼プレ公演
日時:2021年7月9日(金)・10日(土) 夕暮れ時
※18:30までに会場にお越しください。辺りがイイ感じになったら上演開始。
場所:ほっちのロッヂのアトリエ
出演:小林三悠(こばやし・みゆき/ダンス)
チケット:鑑賞のみ1,000円/カルテ作成ワークショップ付(★)2,000円
    ※要事前予約・各回定員10名・税込価格
ご予約・お問い合わせ:0267-31-5519/info@hotch-l.com(文化企画担当・唐川)

▼カルテ作成ワークショップ(★)
ほっちのロッヂメンバが実践するカルテ作成のエッセンスを踏まえたワークショップです。プレ公演(7/9・10いずれか)の鑑賞、7/12(月)~7/25(日)までの間に開催されるアーティストとの対話+カルテ作成ワークショップ(1回・3時間程度)への参加が必須です(日程はお申し込み後に調整します)。あなた独自の「診断」を、アーティストに届けてみませんか?

▼表現部+焚火タイム(7/10(土)のみ、別途参加費500円)
7/10(土)13:00~17:00まで、ほっちのロッヂの表現部が活動をしています。そのうち14:00~15:00まで、本企画の出演者であるみゆきさん、音響の松尾さんと「心地よい音について」の対話の時間があります。ダンサーや技術者にとっての音の世界、ご自分の音の世界に出会う時間に。その後17:00~18:30まで、焚火タイムとなります。好きなものを持ち寄りで焼いてもOK。

▼コロナ対策について
・入場前に、マスク着用、検温、手洗いを実施します。
・感染状況に鑑み、定員は10名程度で変動します。定員に達した場合は先着順でのご案内となります。あらかじめご了承下さい。
・場内で人が集まっての飲食はしないようお願いします。
・37.5度以上の発熱、せき、のどの痛みなどの症状がある場合はご相談下さい。
・同居の方に発熱などがあった場合も、事前にご連絡下さい。
・緊急事態宣言が発令中の場合、当該区域への旅行歴のある方は、事前にご申告下さい。
・ご自身の体調によるキャンセルや、公演自体の中止の場合、予約済みのチケットは払戻し対象となります。
・ほっちのロッヂは医療福祉ケアの活動の場でもあります。皆さまのご協力をお願いします。

▼制作発表
日時:2021年9月11日(土)~
内容:未定。続報を待て!

--------------------------------------------------------------------------------------

企画の裏側、限定公開!:ほっちのロッヂャー第二期に参加すると、毎週更新されるインタビューが月額500円で、誰よりも早く楽しめます。

【その①】
・プロローグ
・7月からスタート。どんな感じで始めましょう?
・9月は「表現祭(仮)」でアウトプット!

--------------------------------------------------------------------------------------
>>>>>プロローグ<<<<<
--------------------------------------------------------------------------------------

ほっちのロッヂには、診療所やケア活動があるだけではありません。「文化環境設計士」を名乗るエミリーが、アートや文化を通してまちとつながり、クリエイティブな感性が集まる拠点を創るべく、日々試行錯誤中。
今月は、7月から始まる「交換留藝」の一環で、ほっちのロッヂに滞在しながら作品制作に取り組むダンサー・小林みゆきさんと、企画の打ち合わせをする様子を特別に公開!

--------------------------------------------------------------------------------------
>>>>>7月からスタート。どんな感じで始めましょう?<<<<<
--------------------------------------------------------------------------------------

えみりー)今日いろいろ話をしたいんですけど、まずはみゆきさんの方で考えていただいた色んな計画をお伺いして、こちらで可能なスケジュールと建付けをお話しして、少なくとも7月の入り方くらいは決めてしまいたいかなという感じです。

みゆき)はい、了解しました。

えみりー)お願いしまーす!

【これより先は、本企画が生まれでるプロセスを読み進めていただけます】

この続きをみるには

この続き: 2,346文字

クリエイティブ・カルテ:ダンスを観る・診る・看るプロジェクト、始まります! #交換留藝 #ダンス #クリエイティブカルテ

Hotch-Lodge

200円

いつもありがとうございます!
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com