見出し画像

健常者と高齢者や障がい者だけじゃなくて、家族と他人の垣根も取っ払っていきたい。拠点そのものが地域の中心的存在になっていたら、楽しくやっていけそうだな。 #私のロッヂャー宣言

私たち【ほっちのロッヂ】では、診療所、通所介護施設(デイサービス)、病児保育、そして訪問看護、訪問診療の拠点を運営します。制度上はそうなっていますが、つくりたいのは、「ケアの文化拠点」。まちの文化が生まれる起点になりたいなと思います。

今まで福祉の現場に関わりのなかったひとたちが関わりしろをもってもらうために、2019年3月18日(月)23時まで、クラウドファンディングサイトを通じて、【ほっちのロッヂャー】を募ります。
福祉の未来は、わたしたちの未来。一緒にごきげんな未来を、つくりましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【始まった!】ごきげんな未来をつくる仲間「ほっちのロッヂャー」って、何だろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 #私のロッヂャー宣言 集めています
#1 自分らしく生きるってどういうことかを追求しておくことが、後々、大きな意味を持つ
#2 入院を楽しく過ごしたいなんていったら不謹慎?病気だから、入院だから、割り切ってするしかないって、本当にそうかしら? 
#3 ようやく福祉について他人事ではなく考えるタイミングがきた。
#4 試行錯誤される暮らしの場づくりからエッセンスを持ち帰って、将来同時多発的に各地でいろんな試みがなされていったらいいな。そのチャレンジャーのひとりでありたい。 
▶︎ #5 健常者と高齢者や障がい者だけじゃなくて、家族と他人の垣根も取っ払っていきたい。拠点そのものが地域の中心的存在になっていたら、楽しくやっていけそうだな。
#6 「好きなことをする仲間として出会おう」という言葉。とっつきにくい福祉のイメージをひっくり返す力があるなぁと思った。
#7 「無関心」に必死に発信・啓蒙するよりも、「相手がいる場所、気にかけているところにそっと置いておく」アプローチが大切。ほっちのロッヂのような取組は我が意を得たりという想い。
#8 直接的に自分の日常に関わりがあるわけではないので、放っておくとすぐに半年、1年経ってしまう。今まさにいろいろ動いているとき、その時間を流してしまうのはもったいない、共有したい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ほっちのロッヂ」が始まっていない中で、先に仲間づくりを始めた私たち。ほっちのロッヂャーとして宣言!してくださった方は、どんな気持ちを持ってくださっているのか、#私のロッヂャー宣言 、続々集まってきています。

拠点ごとの文化づくり、長期的なモチベーション維持への課題意識がある、という視点から、ほっちのロッヂャー宣言してくださった方も。

健常者と高齢者や障がい者だけじゃなくて、家族と他人の垣根も取っ払っていきたい。
拠点そのものが地域の中心的存在になっていたら、楽しくやっていけそうだな。

元々、社会における福祉のハードルを下げたい、地域に拓かれた場づくりをしてみたい、という思想を持っているので(ほっちのロッヂに)共感するところは大きいです。

拠点ごとの文化づくり、長期的なモチベーション維持への課題意識もあります。拠点分散が進んで人がバラバラになっていく中で、どうやったら長期的に全ての拠点で理念ベースでモチベーションを維持し続けられるか?自分だったら、拠点そのものが地域の中心的存在になっていたら、楽しくやっていけそうだなーと思った次第です。

健常者と高齢者や障がい者だけじゃなくて、家族と他人の垣根も取っ払っていきたいんですよね。ずっとシェアハウス生活してて、家族間シェアハウスに憧れるようになりました。
でも、家族間シェアハウスってコンセプトはなかなか広まりづらそう。だから、もうちょっと枠を広げて、CCRCとか、地域社会圏みたいなコンセプトで街づくりをしちゃえば、少子高齢化、限界集落の社会問題とかとも相性良いし、受け入れられやすいんじゃないかと。こういうことに携わるのも、将来の夢だったりします。

もはや見るべきは業界じゃなく、まちづくりそのものなんだと。
最終的には、まさにここ
ですね!!

(会社員・男性)

私たちの試みを、ご自身の考えていることに当てはめてくださって、とても嬉しく思っています。こうして声を寄せてくださって、逆にとても教えていただくことばかりです。

━━━━━

あなたが福祉のコトと出会った時、「こうあったらいいのに」という体験を、ほっちのロッヂャーとしての関わりから、「こうすればいいんだ」に変えてもらえたらなと、そう思います。

次回に続きます。

ありがとうございます。嬉しいです!
5
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業を予定しているケアの文化拠点です。http://hotch-l.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。