見出し画像

ようやく福祉について他人事ではなく考えるタイミングがきた。#私のロッヂャー宣言

私たち【ほっちのロッヂ】では、診療所、通所介護施設(デイサービス)、病児保育、そして訪問看護、訪問診療の拠点を運営します。制度上はそうなっていますが、つくりたいのは、「ケアの文化拠点」。まちの文化が生まれる起点になりたいなと思います。

今まで福祉の現場に関わりのなかったひとたちが関わりしろをもってもらうために、2019年3月18日(月)23時まで、クラウドファンディングサイトを通じて、【ほっちのロッヂャー】を募ります。
福祉の未来は、わたしたちの未来。一緒にごきげんな未来を、つくりましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【始まった!】ごきげんな未来をつくる仲間「ほっちのロッヂャー」って、何だろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 #私のロッヂャー宣言 集めています
#1 自分らしく生きるってどういうことかを追求しておくことが、後々、大きな意味を持つ
#2 入院を楽しく過ごしたいなんていったら不謹慎?病気だから、入院だから、割り切ってするしかないって、本当にそうかしら? 
▶︎#3 ようやく福祉について他人事ではなく考えるタイミングがきた。
#4 試行錯誤される暮らしの場づくりからエッセンスを持ち帰って、将来同時多発的に各地でいろんな試みがなされていったらいいな。そのチャレンジャーのひとりでありたい。 
#5 健常者と高齢者や障がい者だけじゃなくて、家族と他人の垣根も取っ払っていきたい。拠点そのものが地域の中心的存在になっていたら、楽しくやっていけそうだな。
#6 「好きなことをする仲間として出会おう」という言葉。とっつきにくい福祉のイメージをひっくり返す力があるなぁと思った。
#7 「無関心」に必死に発信・啓蒙するよりも、「相手がいる場所、気にかけているところにそっと置いておく」アプローチが大切。ほっちのロッヂのような取組は我が意を得たりという想い。
#8 直接的に自分の日常に関わりがあるわけではないので、放っておくとすぐに半年、1年経ってしまう。今まさにいろいろ動いているとき、その時間を流してしまうのはもったいない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ほっちのロッヂ」が始まっていない中で、先に仲間づくりを始めた私たち。ほっちのロッヂャーとして宣言!してくださった方は、どんな気持ちを持ってくださっているのか。

3人目の方の声をご紹介します。

ようやく福祉について他人事ではなく考えるタイミングがきた。

父がリタイア後のここ3.4年で、言語や記憶がなくなる病気(認知症の中の一種だそうです)になりました。
父は教師をしていたこともあり、かなり知識をもった人だったので、私は父の変化をなかなか受け入れられずにいるのですが、一番側にいる母がひたむきに明るく父と向き合って暮らしています。

どういった形が父や母に一番良いのか、、というのを娘として考えざるを得ない状況であり、そんなことを悶々と考えている中で、ほっちのロッヂさん、、すごく心強い存在だなと感じました。

老いていくことも死んでいくことも、ごく自然に受け止めらる環境があるだけで、救われる人は沢山いると思いました。

私は漸く(ようやく)福祉について他人事ではなく考えるタイミングがきたんだなと最近思っていました。
まだまだ知らないことばかりですが、病気の人も子供も、おじいちゃんおばあちゃん、その辺の若者も、自然に関われる、そこに文化的な交流があるって、とても理想的だなと感じます。

(会社員・女性)

声を寄せてくださったのは、会社に務めている方。もちろん福祉とは関係のない職業に就いてらっしゃるけれど、ロッヂャー宣言をしてくださいました。

家族に起きたコト、もしかすると、誰しもあるはずの体験が、呼び起こされていないだけかもしれないなと思わせてくれるような気持ちを届けてくださいました。

━━━━━

あなたが福祉のコトと出会った時、「こうあったらいいのに」という体験を、ほっちのロッヂャーの関わりから、「こうすればいいんだ」に変えてもらえたらなと、そう思います。

次回に続きます。

また、「スキ」いただけるように書いていきます!
1
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com

こちらでもピックアップされています

ほっちのロッヂャーたち
ほっちのロッヂャーたち
  • 33本

福祉にもっともっと関わりしろを持てるように。集うごきげんな仲間たち【ほっちのロッヂャーたち】って、どんな人たち?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。