2021年夏、”ほっちのロッヂだからこそできる遊び”を。好き・嫌い、得意・苦手の体験を通して。今月のちょっと長めのつぶやき(ともちゃん)
見出し画像

2021年夏、”ほっちのロッヂだからこそできる遊び”を。好き・嫌い、得意・苦手の体験を通して。今月のちょっと長めのつぶやき(ともちゃん)

初めまして、ともちゃんです。
2019年から2年ほど福井の医療法人オレンジで活動しており、今年7月からほっちのロッヂで活動しています。
好きなことは、フラワーアレンジメント、ピアノ、抹茶を点てること、スケートです。

今月は、2021年、「ほっちのロッヂの夏の思い出」をご紹介します。
児童発達支援に通っている子どもたちや、子どもアトリエに遊びにきた子どもたち、まちの人たちにもロッヂに来ていただき、子どもも大人も一緒に楽しみました。

児童発達支援子どもアトリエについてはこちらから。


【プール遊び!】
バシャバシャ顔に水がかかっても平気!
ちょっぴり怖くて泣いちゃった。

画像1

(こぼれ話:夏といえばプール。晴れた暖かい日が来るのを待ち、やっと入ることができました。水をかけあったり、水が怖くて芝生に寝っ転がり日向ぼっこをしたり、思い思いに楽しみました。)

【森の中へ冒険へ!】
たくさんの蝉の抜け殻をゲット。

iOS の画像 (1)

(こぼれ話:蝉博士なりたい女の子の隊長に続き、バギーでほとんど人が入ったことがない(?)森の中を突き進みました。普段は段差のないフラットな場所を選んで移動することが多いですが、みんなで力を合わせて、草が生い茂る道なき道も進めました。)

【かっちゃん自作!流しそうめん】
ひゅーーっと流れてくるそうめん。掴むの難しかったな〜。

画像3

(こぼれ話:スタッフ行きつけの天丼屋、菊屋のかっちゃんが竹を刈ったり当日は組み立てしてくださり、一緒に楽しみました。かっちゃん、いつもありがとう。 )

【水風船】
割らないでね割らないでね…バシャッッ アハハハハ。

スクリーンショット 2021-09-24 13.59.10

(こぼれ話:水風船を割らないでね〜とフリの後に絶妙なタイミングでぼとんと落として割るという遊び。お洋服がびしょびしょになるまで何個も割りました。)

【ちょっとお出かけして川遊び】
冷たい〜〜。

iOS の画像

(こぼれ話:冷た〜い川の水に触れて楽しそうな声が聞こえる中、こちらでは悲鳴が。冷たい水が苦手なご様子ですが、だんだん慣れて「冷たい!」と感じることも楽しんでもらえたらなと。)

【SINGING RAIN LIVE】
雨の日の音楽を聴きました。

iOS の画像 (2)

(こぼれ話:雨粒が色んなモノに当たって歌っているよ〜。シーチキンの空き缶と雨の相性はバツグン!晴れた日とは違う歌声に耳を傾けてみる、そんな雨の日の過ごし方も良いのでは。)

こんな感じで、夏だからこそ、ほっちのロッヂだからこそできる遊びをめいっぱい楽しみました。

私たちは、”体験”を通して、それが好きなのか嫌いなのか、得意なのか苦手なのか、がわかります。
だから、児童発達支援の活動では、子どもたちが楽しいイベントを通して”初めての体験”ができるよう、関わっています。

楽しいイベントだけではなく、「座ったり」、「立ったり」、「歩いたり」すること、「口から食べること」、「保育園や学校へ行くこと」も、子どもたちにとって初めての体験です。
その体験をする機会を、周りの大人が奪ってしまわないよう、気を付けたいと思っています。


いろんな可能性を持った子どもたちから、いつもワクワクをお裾分けしてもらっています。
これからも一緒に楽しく成長していけたらと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

あの人に届くと、もしかするといいかもしれない、そんなことが頭に浮かんだならば、ぜひ教えて差し上げてください。

ほっちのロッヂにご興味のある方は、よければ、ご友人に直接話をしてくださったり、このnote記事に「スキ」、ツイッターなどSNSでシェアしてくださると、嬉しいです。

ほっちのロッヂ
info@hotch-l.com
話し手:ともちゃん、めーちゃん
文責:藤岡


また、「スキ」待ってます!
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com