見出し画像

ほっちのロッヂ メディア掲載・登壇情報アーカイブ (随時更新します)

おかげさまで、少しずつメディアに取り上げていただくことも増えてきました。動きをアーカイブしていきます。

・2019.3 ほっちのロッヂャー 306名誕生

画像2

2019年2月4日からの43日間にわたり、福祉業界はもちろん、それ以外の多様なバックグラウンドを持つ人の力やアイディアを求めて、ごきげんな未来をつくる仲間「ほっちのロッヂャー」を募るクラウドファンディング(目標金額300万円)に挑戦しました。
締め切り4日前に目標金額300万円(支援者数222人)に到達し、最終的に306名、420万円までプロジェクトへの賛同が広がりました。

・2019.4 月刊ソトコト掲載

2019年5月号  特集 人が集まっている場所のつくり方2019

画像1

【特集】
人が集まっている場所のつくり方2019
直接的なつながりから、コミュニティを育む。Placemaking ongoing 2019!

・軽井沢で、福祉だけど福祉らしくない「場所」づくり。
診療所もあるけれど、だれでも来れて、
好きなことに熱中できる『ほっちのロッヂ』、はじめます。
https://sotokoto-online.jp/90 

・2019.6 ロハスデザイン大賞「コト」部門で大賞を受賞

2019年6月5日発表

画像3

画像4

今年のテーマは、
「サスティナブル・ウェルネス」
(中略)
このように社会とライフスタイルの在り方のそれぞれにおいてイノベーションが起こりつつある現状ですが、私たちは、一貫してその共通するベクトルを「持続可能な健康(サステイナブル・ウェルネス)」として、ロハスを実践する上で重要なポイントとして提唱しています。

健康で持続可能ライフスタイル(LOHAS)とは誰もが能動的に獲得できる個人の権利です。ロハスクラブは、多くの人々にとって「楽しみながら続けることができるウェルネスなデザイン(ヒト・モノ・コト)」を広く提示することとし、本年度のロハスデザイン大賞を開催いたします。https://www.lohasclub.jp/lda2019/theme.html

・2019.10 信濃毎日新聞【東信】欄

「ケアの文化拠点開業へ」掲載

2019年10月1日付け、信濃毎日新聞27面【東信】欄「ケアの文化拠点開業へ」と大きく載せていただきました。軽井沢町外の方々から多くの「読んだよ!」のお声をいただくきっかけとなりました。

画像5

「興味のあることや人との交流を通して利用者の「幸せ」を引き出したい」「いろんな人が好きなことを語り、行動し、文化が生まれる人の流れをつくりたい」

・2019.10 軽井沢新聞掲載

2019年10月発行の軽井沢町の情報誌、軽井沢新聞に、2019年9月から立ち上がった訪問看護ステーションについて取材いただきました。

スクリーンショット 2019-12-12 22.57.58

福井市で在宅医療などを行う医療法人社団オレンジが2020年4月、発地で開業を目指す「ほっちのロッヂ」は、予定を早め訪問看護のみ9月から始動。看護士3人が、24時間体制で新生児、医療ケアが必要な子ども、末期ガン患者、難病の人らの暮らしを支えていく。

 同ロッヂ共同代表の一人で、福祉環境設計士の藤岡聡子さんは「医療、福祉の面でサポートするのはもちろん、相手の生活や暮らし、嗜好などを知って、その人らしさを引き出せるケアを心がけたい」と話している。
https://www.karuizawa.co.jp/newspaper/news/no196201910/

・2019.11 信濃毎日新聞人物紹介欄 

ほっちのロッヂ 藤岡が掲載

2019年11月26日付け、信濃毎日新聞 人物紹介の欄にて、ほっちのロッヂ共同代表の藤岡をご紹介いただきました。いく先々で「読んだよ!」と声をかけてくださる方が、保健所でもカフェでも中央公民館でもいらっしゃいます。新聞の影響力を感じつつ、これからも出会える方々との語らいを楽しみに進みます。

画像6

・コンセプトムービー、公開中

・ほっちのロッヂ コンセプトムービー Vol.1 2018.8.31 撮影


・ほっちのロッヂ コンセプトムービー Vol.2 2019.8.31 撮影


・2020.1月 福井新聞 多様性社会のトビラ欄 

ほっちのロッヂ 紅谷・藤岡・吉田のインタビュー記事掲載

ほっちのロッヂ運営元の医療法人社団オレンジの所在地、日本で最も幸福度が高いと言われている福井県。幸せ、そして多様性をキーワードに、福井より記者さんがお越しくださり、ほっちのロッヂの活動、メンバの吉田の活動現場にも足を運んでくださいました。見出しがいいですね!「症状や状態じゃない」。ご取材ありがとうございました!

画像8

・2020.2 信濃毎日新聞【東信】欄

 「軽井沢の宿彩る 障害者アート展」掲載

「イキザマ展 ”アーティスト5”が”星野リゾート BEB5軽井沢”をジャックする」。ほっちのロッヂメンバの吉田が、町内にある浅間学園のアート活動に定期的に関わり始めさせてもらう中で、「この方達の表現活動、イキザマを、もっともっとたくさんの人に届けたい!」と、浅間学園と共同でこの企画を進めてきたものが形になりました!会期や背景などはこちらをどうぞ。


画像9

・2020.4.2 信濃毎日新聞【東信】欄 

「ケアの文化拠点 軽井沢にロッヂ 新型コロナ 往診も積極的に」掲載。
4/1の開業日に取材いただきました。
「患者宅に出向く往診や在宅医療は、外出や医療機関への訪問による新型コロナウイルス感染に不安を感じる人がいるかもしれない−とし、初心から積極的に受ける」など、軽井沢町の現時点での状況を踏まえた内容をしっかり掲載いただきました。

画像10

・2020.4.9 NHK福井 『クローズアップ福井』

「福井市で医療のケアが必要な子どもたちと向き合ってきた保育士の女性
新たな場所に移って挑戦を続ける姿を取材」

3月下旬から4月初旬にかけて4日間、しっかり取材いただきました。”診療所”をつくろうとしているわけではなく、”ケアの文化拠点”づくりに、保育士の吉田花蓮の軌跡を追っていただきました!

画像11

・2020.4.20 テレビ信州 news every 「パソコンや電話などで診療 オンライン診療の仕組みは」

ほっちのロッヂでは、4.13からオンライン診療の取り組みを始めています。長野県でも試みが始まりつつあるこのオンライン診療の様子を取材いただきました。

画像12

スクリーンショット 2020-04-20 20.05.50

・2020.4.20 NHK長野 『イブニング信州』 「人と医療の新たな関係を」

・2020.4.9 NHK福井 『クローズアップ福井』と同じ内容を、長野県内でも放映いただきました。

スクリーンショット 2020-04-20 20.05.43


ほっちのロッヂ
info@hotch-l.com
文責:藤岡

(2020.4.20 記事更新))

ありがとうございます。嬉しいです!
6
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com

こちらでもピックアップされています

お知らせ
お知らせ
  • 60本

2020年4月の開業を目指し、今どんなことをしているかをお知らせしています。2019年1月より、毎週月曜日に更新しています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。