マガジンのカバー画像

働くこと

18
働き手が幸せで豊かに在ること。働き手が多様で在ること。 私たちは”医療福祉のクリエイティブ職”。 ピンときた方、一緒に働きましょう。
運営しているクリエイター

2022年6月の記事一覧

ほっちのロッヂの「なおさん」ってこんな人。#メンバ紹介 #一問一答

―― 自己紹介をお願いします。 荻原菜緒(おぎはら・なお)です。なおさんと呼ばれています。医師として働いていますが、肩書きを名乗る時と、名乗らない時がありますね。ほっちのロッヂではみんな、肩書きにあまり関係なく動いているし、ここに来る人は「先生に会いに来る」「看護師さんに会いに来る」というよりも「〇〇さんに会いに来る」という人が多いので…「ほっちのロッヂのなお」です。 —— ほっちのロッヂに来たきっかけを教えてください。 直接働き始めたのは2020年の5月からですが、か

スキ
16

【働き手募ります】 「人の暮らしの中の、喜怒哀楽の瞬間を共にすること」に関心がある方、募ります。

こんにちは!ほっちのロッヂと申します。 初めて私たちの活動を知ってくださった方も、前から少しだけ知っているよ、という方も。働き手を募るこのお知らせを読み始めてくださり誠にありがとうございます。 今回は、「人の暮らしの中の、喜怒哀楽の瞬間を共にすること」に関心がある方を募ります。 少しピンときづらいかもしれませんが、人の暮らしを、色々な角度からより良い状態にしていきたいと思っている方、と受け取っていただければ。文章を続けていきます。 2019年から、長野県軽井沢町にて活動を

スキ
33

まちの看護師「ゆっきー」ってこんな人。#メンバ紹介 #一問一答

—— 自己紹介をお願いします。 菊池郁希(きくち・ゆき)です。主に訪問看護の活動をしていますが、ときどき訪問診療に同行したり、子どもたちの活動に加わったりしています。訪問看護ステーションの管理者として、全体のスケジュールを調整したり、働き手のフィードバックをすることも増えてきました。 —— ほっちのロッヂに来たきっかけは。 ほっちのロッヂには2020年4月から加わりました。直接のきっかけは、以前働いていた場所の同僚から、地元の長野県上田市が近い軽井沢にほっちのロッヂがで

スキ
12

ほっちのロッヂの診療所院長・まちのかかりつけ医「ゆうさん」ってこんな人。#メンバ紹介 #一問一答

—— 自己紹介をお願いします。 坂井雄貴(さかい・ゆうき)です。医者をしたり、バラを育てたりしています。ほっちのロッヂの院長としての肩書がありますが、電話対応、訪問先のスケジュール調整をはじめ、ケーキを焼いたり、草をむしったりと、いろいろな仕事をしています。 —— いつからほっちのロッヂに関わっていますか? 軽井沢に来たのは2020年4月です。きっかけは2019年の2月、福井にあるオレンジホームケアクリニックを見学した時に、代表のべにさん(紅谷)から「軽井沢に診療所のよ

スキ
45