見出し画像

「またね〜」次会うことが楽しみになる病児保育|「Open Day For Family」開催レポート

「ほっちのロッヂ、はじめまして!」

そんな出会いの日を作るべく、1時間交代制、ひと家族ずつの「ほっちのロッヂ体験ツアー」を決行しました。

できたてのほやほやのほっちのロッヂに日差しがたっぷり入った4月2日から4日の3日間、そしてその翌週11日には、オンライン画面越し(*)にも「はじめまして」の言葉を交わすことが出来、4日間で23家族の子どもたちと出会うことができました。(募集終了後にさらなるお問い合わせをいただき、まだまだつながりは広がっています!)

玄関を入り、真っすぐ進んだ先にある病児保育室に入り、手洗い・消毒、そして一息ついて子どもも、大人も、共に自己紹介から始めました。

「あのさ、お絵かきしてもいい?」

好きなことのアピールから始まる自己紹介。いいねいいね。

「お名前を教えてください」
「やだ。いわない。」

照れくさい気持ち、大切だね。

「〇〇ちゃんはね、甘えん坊なんだよ」

と弟の話をするお兄ちゃんもずーっとお母さんと手をつないでる。

「もー、私がここに来たくて来たくて」

お母さん、ありがとうございます。

新聞、ママ友、イキザマ展、学校、友人、同僚、軽井沢キッズケアラボ
さまざまなきっかけをもって集った町の人びと。

改めて、ほっちのロッヂってどんなところ?という話をし、それから「病児保育のすゝめ」を片手に過ごしかたの話をしました。

スクリーンショット 2020-04-16 15.05.20

そして今回は、子どものこと、親のこと、家族のことをいくつかの質問を通して、話をすることにたっぷりと時間をかけました。

子ども自身が。保護者と共に。家族全員で。
それぞれの心地よい形での語りの時間となりました。

その中でとてもおもしろかったのが、

●それぞれが思う、あなたのこと
●名前の由来

でした。

「それぞれが思うあなたのこと」というのは家族同士、それぞれが、それぞれをどう思い合っているのか。

「生まれてこの方、ずっとかわいい」(父)
「パパの扱いがうまい」(母)
「のんびり、マイペース。私に似て。ふふ」(母)
「父、遊び担当。母、甘え担当」(ご夫婦で)

一方、名前の由来はご両親の「大切にしていること」や「好きなこと」がとてもよく現れており、書き手カレンはとてもゴキゲンな時間を過ごすことが出来ました。
中には「親がどんなに願って意味を込めたってそうは育たないから!」ととても嬉しそうに語ってくださる方もいらっしゃいました。

この頃には子どもたちもすっかり、場に慣れ、私たちにもたくさん話をしてくれました。

画像2

皆でほっちのロッヂの中を歩きながら、「ここで本を読んで過ごしたい」「ピアノを弾きにきたい」「手芸教室があったら声かけてください」「今度うちのばあちゃんも誘ってまた来よう」など、「またね」の言葉と共に約束をしました。

今は「いつでも遊びにきてね」とは言い難い状況ではありますが、じっくりたっぷり会いたい気持ちを募らせて、また会える日に何をしようか企んでいます。

今後もOpen Dayは開催していく予定です。出会い方はしばらくオンライン中心になりますが、一度でも、二度でも、三度でも、思い立った時にぜひご参加ください。

ほっちのロッヂに関する継続的な情報が必要な方は、info@hotch-l.com 「ほっちのロッヂの病児保育」Open Day For family お便り希望」として、
お名前、お子さんの年齢を本文に入れていただきメールをお願いします。

ほっちのロッヂの病児保育
文責:吉田

(*4月11日以降は、国内の緊急事態宣言の発表を受けて、ほっちのロッヂの受け入れルールを変更し、出会いの場をオンラインにて行うことにしました。)

励みになります。私たちも、「スキ!」
7
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com

こちらでもピックアップされています

ケアのこと
ケアのこと
  • 16本

人の強みや繋がる力を引き出す医療。介護する・介護されるという二者をつくらない。人の流れをつくり、ケアの連鎖をつくってゆこうとしています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。