見出し画像

町の皆さんと、工事の無事の完成を目指してエイヤーッ!|1/12 上棟式・餅まきを行いました

2020年1月12日 大安の日。私たちほっちのロッヂにて上棟式を行いました。昨年8月地鎮祭でもお願いしている、熊野皇大神社 水沢宮司によって滞りなく進められました。玉串拝礼で今年4月からのメンバみなが儀を行い工事の無事を願い、気持ちも新たに。

建物内部でやっていた上棟式の途中で聞こえてくる方達の声が、どんどんざわざわ大きくなってきて...いよいよ、餅まきの本番が近づいてきました。

今は医療法人オレンジの本拠点である福井にて研修中、今年の春から軽井沢町・ほっちのロッヂにて勤務がスタートする、あやかの振り返りを交えながら、様子をお伝えします。

上棟式にあたってお力添えを頂いた方は、

・お餅の準備
餅まきをするために!?軽井沢町に家を建てた、ご近所さんであるヨネちゃん!ヨネちゃんが、おらが製菓(軽井沢中踏切目の前の和菓子屋さん)にて注文してくださったお餅でした。

・餅まきの中身は、おらが製菓さんの角餅、それに駄菓子、福井の羽二重餅、それに、千葉出身のメンバーにちなんで落花生と、落花生に色付けしたおみくじ入り、金銀くるみの大大大吉も!

・金沢の米麹甘酒を差し入れしてくださったのは、カフェシェリダンのマダム・藤井さん。(メンバである藤岡とばったりスーパーでお会いし、あら、上棟式なら何か差し入れするわよ!と言ってくださったのでした)

看板、そしてほっちのロッヂ新聞・号外も発表!メンバのにしかわくんの力作です。
上棟式、そして餅まき。「幸せのおすそ分け」という言葉をきいて、おみくじや看板準備など一つひとつへおもいをこめて出来事にのぞむ大切さを感じましたし、楽しい顔をみてすごくうれしかったです。こういう顔が見られることをほっちのロッヂでしたいと思いました。

画像1

画像2

区長さん消防団員そして民生委員の方始め歩いてこれる範囲の方で50人以上!親子3代でご参加の方や、お近くの施設入居者のみなさんまでお越しくださいました。

iOS の画像 (35)

発地が地元の96歳の女性。デイサービス先から自ら行きたいといって来てくださり、ご参加くださいました。餅まきに参加するのは32年ぶりとのこと。
次男さんのお家建てる時でその時は撒く側だったそう。お餅を杵でついて手作りした思い出があるそうです。(そんな次男さんが最近亡くなったと。お話伺いにいきたいなぁ。)

「今はたくさん新しい建物がたつが、餅まきはなかなかしない。掴んだお菓子はここに来られなかった方たちにおすそ分けする」とおっしゃいました。

また、ほっちのロッヂについての話になり、デイサービスからアトリエ、台所などみんなが集まる場所とお伝えすると「自分の土地を売るから家の近くにも作ってほしいと。ほっちのロッヂができたらきてみたい」ともお話しくださったり。

あの場に集ったそれぞれの方にいろんな思い出や、ほっちのロッヂとのこれからへの楽しみな想いがあるのかなと、たくさんの想いを感じて、気持ちが引き締まりました。
たくさん集まりいっしょにお祝いしてくださったのは、9月からのメンバー達とその方たちが積み上げてきた関係性があってこそ。しっかり受け取って4月から動いていきたい、そして4月からの動き出しにむけて何歩も進んだ自分で居たいと思いました。(あやか)

iOS の画像 (37)


iOS の画像 (36)

「ほっちのロッヂ」と書かれたパンをプレゼント!してくださったり、

スクリーンショット 2020-01-12 22.30.50

ほっちのロッヂの建築の変化をドローンにて撮影してくださっている方が、この日も餅まきの様子を撮影してくださいました。

たくさんの方に支えていただきながら、一歩一歩進んでいます。これからも、どうぞよろしくお願いします。

「ほっちのロッヂ 上棟式、餅まき」
日時:2020年1月12日(日) 11時ごろ~12時ごろ
場所:ほっちのロッヂ
参加者:たくさんの方々
レポート者:ほっちのロッヂ あやか・藤岡




Thank you so much!
5
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com

こちらでもピックアップされています

建築のこと
建築のこと
  • 6本

あえて、凸凹した建築。小さい何かの出会いや、好きなことに没頭する空間。何かを育てて維持する。ひと本来の力を取り戻す場所をつくっています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。