見出し画像

病気になっていても、子も親も自分の回復力を信じて過ごす場所|ほっちのロッヂの病児保育」Open Day For family 開催します

「ほっちのロッヂ、はじめまして!」

そんな出会いの日を作るべく、4月2日(木)、3日(金)、4日(土)に
1時間交代制、ひと家族ずつの「ほっちのロッヂ体験ツアー」を決行します。

対象はほっちのロッヂの、特に病児保育に興味のある子どもと保護者の方々。もちろんご親戚の方もご一緒にどうぞ!

参加をご希望の方は下記画像をクリックし、Googleフォームに書かれている留意事項をご確認の上、お申し込みください。

スクリーンショット 2020-03-20 12.54.27

できたてほやほやのほっちのロッヂにどうぞ遊びにいらしてください!
ほっちのロッヂの保育士 カレン(吉田)・ノブさん(伊藤)が皆さんに会える日を心待ちにしています。

病気になっていても、子も親も自分の回復力を信じて過ごす場所|
ほっちのロッヂの病児保育について

・生後8週から小学生までの病児・病後児のお子さんをお預かりします。親の就労を問いません。
・月曜〜金曜 8:00−17:00|1日最大3名まで
・利用料は1日1000円/お昼ごはん 500円
*ほっちのロッヂの診療所での診察が必要です*

“風邪や発熱をもきっかけとし、自分のやりたいことに向かってこころとからだを十分に活かせるよう、日差しを感じながらゆったりと栄養を蓄え、成長できる場でありたいと思います(保育士 カレン)“

これからも毎月、Open Dayの開催を予定しています。ほっちのロッヂに関する継続的な情報が必要な方は、info@hotch-l.com 「ほっちのロッヂの病児保育」Open Day For family お便り希望」として、
お名前、お子さんの年齢を本文に入れていただきメールをお願いします。

(2020.3.21、申込先のリンクを修正しています。)


書き手:まちのほいくし 吉田花蓮


励みになります。私たちも、「スキ!」
10
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com

こちらでもピックアップされています

お知らせ
お知らせ
  • 60本

2020年4月の開業を目指し、今どんなことをしているかをお知らせしています。2019年1月より、毎週月曜日に更新しています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。