8月~10月の映画上映とその様子、11月▶「ハッピー・リトル・アイランド」、12月▶「チョコラ!」を上映予定。【《考える映画館》ほっちのロッヂの映画部】
見出し画像

8月~10月の映画上映とその様子、11月▶「ハッピー・リトル・アイランド」、12月▶「チョコラ!」を上映予定。【《考える映画館》ほっちのロッヂの映画部】

秋の終わりを感じるこの頃。ほっちのロッヂのメンバを案内役に、4月から映画上映を続けてきたほっちのロッヂの映画部は、引き続き毎月開催しています。

画像2

8月は文化企画のインターン・ゆきさんが担当。短い軽井沢滞在の中で、チラシ配りをしながら独自のつながりを呼び集めてくれました。夏の日がまだじりじりと暑い中、無添加ジュースで乾杯。

9月もまた、文化企画のインターン・くきこさんが案内役に。ほっちのロッヂが運営協力したアーツ・ハプニング祭の一環として開催しました。「ずっとほっちのロッヂに来てみたかったけど、きっかけがなくて。映画は大好きなので」と初めて足を運んでくださった方との素敵な出会いもありました。

10月は、ほっちのロッヂのおとなりにある風越学園で国際教育を担当する、ぽんちゃんが案内役に。実際に「1週間1,000円生活」をたまにやってみるというぽんちゃんと取り上げたのは、最低貧困ラインとされる1日1ドルで56日間生活した若者たちの実践ドキュメンタリー。

画像1

(写真:清水朝子)

当日は「1人1ドル」分のお菓子を配布。意外とあるな~、なんていう気づきも。

11月からはさらに視野を大きく広げ、地元企業さんとのコラボや出張企画も試みます!それにともない毎月第一土曜日に開催してきた映画部は、このたびは少しイレギュラーになります。ぜひ、お越し下さいませ。

▼第8回(11月)アンコール上映「ハッピー・リトル・アイランド」

地域で持続可能な暮らしに取り組む案内人を迎え、アンコール上映決定!IT関連の仕事を離れ、長寿で有名なギリシャのイカリア島に移住した若者たちのドキュメンタリー。

今回は、生産過程を追跡できるトレーサビリティにこだわり、国産無垢材や環境と人間に優しい工法を使った家づくり・暮らしづくりを推進する工務店「アトリエDEF」のスタッフさんを案内人に迎えます。無垢の木のぬくもりを感じながら、映画の感想を語り合いませんか。

画像3

日時:2021年11月20日(土) 13:00開場;13:30上映開始;16:30終了予定
場所:ほっちのロッヂのアトリエ
入場料:2,000円(木べらづくりワークショップ代込み)

|詳細はイベントページから!

▼第9回(12月)「チョコラ!」

日時:2021年12月4日(土) 13:00開場;13:30上映開始;16:00終了予定
場所:中軽井沢図書館 多目的室
入場料:1,500円(トークセッションのお茶代込み)

|映画について(公式サイト

画像4

(C) 2009 Yoshida Taizo

ケニア共和国の首都郊外の街に、鉄くずを拾いながらストリートで暮らす子どもたちがいる。「チョコラ」と呼ばれる彼らが、複雑な状況を助け合いながらたくましく暮らしていく姿から、子どもにとっての幸せは誰が決める?どうやって実現する?という問いについて、一緒に考えてみます。

|当日スケジュール
13:00 受付開始
13:30 上映開始
15:00 お茶タイム&トークセッション
16:00 終了予定

▼ お問合わせ・お申込みはこちらから

ほっちのロッヂ文化企画担当 唐川

0267-31-5519

info@hotch-l.com

上記お申込み先に、①お名前、②参加人数、③お住まいの市町村、④参加のきっかけを添えてお申し込みください。当日詳細はお申込み後にご案内いたします。

ほっちのロッヂの映画部概要についてはコチラから👉


また、「スキ」いただけるように書いていきます!
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com