中軽井沢図書館に居ると帰りたくなくなる。

約6年前にリニューアルされた中軽井沢駅に、図書館が併設されている。
住む前に家族で軽井沢町に旅行に来たとき、
中軽井沢図書館で半日もうっかり過ごしたことがある。
1階の絵本スペースの日差しが心地いい。
写真は家族だが、長男なぞは家のように寝そべって読んでいる。

2019年のゴールデンウィーク中は開いていて、
子ども向けの企画が日替わりで開催されていた。
パネルシアターも上映しているわ、絵本が無限にあるわ、
日差しが気持ちいいわで、子にそろそろ帰って夕ご飯にしようと言ったら、帰りたくないと駄々をこねられた。
私だって帰りたくないわ。

蔵書が作家名で並んでいる。
好きな作家の棚を見つけると、大人買いならぬ、大人借りをついつい。

1階には絵本の他に地方誌やリトル・プレスが多く置かれていて、
俳句やらエッセイやら町歩きを題材にしたものやら、
内容が意外と面白い。

リトル・プレスを持って螺旋のような階段を登れば、2階には蔵書がずらり。
窓際にはいわゆる自習スペース。
中軽井沢駅の人の往来よりもはるかに、このスペースにはいつも人がいる。でも、いても気にならない。
大きな窓からは浅間山がくっきりみえる。
ハロー浅間山。そう言っていつも腰掛ける。
先日までは、306名のほっちのロッヂャーに向けてお礼のお手紙を書いていてすっかり入り浸っていた。

そうそう、軽井沢町には、私設の朗読館がある。
朗読館の館長が図書館の館長も務めている。
それで、朗読の会がよくある。
朗読をはじめ、企画はとても多い。

本が中心にある空間は、暮らす上での条件の1つと言ってもよい。
図書館や本屋のない生活は考えられない。

そういいながら、いつも借りすぎて、返却日をゆうに過ぎてしまう。
一度くらいは守らねばといつも誓って、いそいそと借りて帰る。



中軽井沢図書館
中軽井沢駅に併設
火曜日がおやすみ。祝日は開けていることが多い。

1、「COFFEE SHOP KAIDO」の幻の一杯
#渾身のコーヒーブレイク

2、中軽井沢図書館に居ると帰りたくなくなる。
#本好きの幸せどころ


励みになります。私たちも、「スキ!」
7

Hotch-Lodge

長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業を予定しているケアの文化拠点です。http://hotch-l.com

軽井沢のまちのこと

軽井沢のまちの暑さ・寒さはどんな様子?美味しい野菜はどこで手に入る?どんな人たちが暮らしているんだろう?ローカルな暮らしを紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。