見出し画像

【お知らせ、2】ツイッター開設、プレスリリース配信、建築の進捗のアレコレ、2/2「第一回ケアの文化・芸術展」のお知らせなど

こんにちは。ほっちのロッヂ、藤岡です。
(今週は、14(月)が祝日でしたため、15日の火曜日にお知らせを更新します。)

さて、最近のお知らせです。

①ツイッター開設しました

1/7より、ツイッターのアカウント、開設しました。

初日から、軽井沢町近隣にお住いの方々がリツイートやフォローくださり、とっても嬉しい気持ちでスタートしました!みなさんありがとうございます。

②プレスリリース配信します(→配信URLが発行され次第更新します)

1/7に配信をしましたが、諸事情により1/15(本日)に再度配信されます。
気持ちを込めて、一文一文を整えてきました。
どうぞ、お読みください。

2020年4月長野県軽井沢町にて診療所・通所介護施設「ほっちのロッヂ」事業開始に向けて着手-在宅医療専門医と福祉環境設計の専門家が恊働、教育施設に近接したケア-

③建築の進捗のアレコレ

軽井沢町への申請と同時進行で、刻々と変わる木々についてもどんどんとことが進んでいます。

最近だと、老木化し倒木の危険がありそうなカラマツを伐採するために→地元で強力なネットワークをもつ不動産会社にお勤めの方にお願いをして
→その伐採を依頼先となる伐採業の方に現地を見ていただいて、、、たくさんの方のお力を借りています。(トップ写真は、不動産会社にお勤めの方の写真をお借りしました。)

でもその前に、敷地にある大小300本近い木々を、ランドスケープ・デザイナー、そして建築家の方に1日かけて樹木調査をして頂いているからこそ、こうした伐採計画の依頼ができるんです。

一つ一つの仕事の点が、確実に次の仕事へと繋がっているのだなと、建築のアレコレを追っていると、なお実感します。

④2/2「第一回ケアの文化・芸術展」、開催します

私たちほっちのロッヂの事業のお披露目イベント「第一回 ケアの文化・芸術展」。ゲストに、建築家・教育者・アートサイエンス研究者・俳優/介護福祉士を迎えます。
まだ公に募集・公開ができていなかったのですが、すでに、教員、建築家、介護士、医師、看護師、社会福祉士、学生など、参加の申込みを続々頂いています。
当日は、会場での参加の他に、youtube視聴で参加できるチケットもご用意しています。

お申し込みは、こちら からどうぞ。

「第一回 ケアの文化・芸術展」。プログラム
2019年2月2日(土)14時〜18時 原宿にて

14時〜
「ほっちのロッヂ」、 軽井沢町で試みるケアの文化拠点プロジェクト
登壇者:「ほっちのロッヂ」共同代表・医師 紅谷浩之、「ほっちのロッヂ」共同代表・福祉環境設計士 藤岡聡子、「ほっちのロッヂ」設計者・建築家 安宅 研太郎氏、建築家・池田 聖太氏
福祉と教育、どう応答していくのだろう?
登壇者:一般財団法人軽井沢風越学園設立準備財団 副理事長 岩瀬直樹氏、
「ほっちのロッヂ」共同代表・医師 紅谷浩之、「ほっちのロッヂ」共同代表・福祉環境設計士 藤岡聡子
15時半ごろ〜
福祉とアート/サイエンスへの好奇心の接続 トーク&セッション
登壇者:アートサイエンスキュレーター 塚田有那氏、「ほっちのロッヂ」共同代表・福祉環境設計士 藤岡聡子
【老いと演劇】ワークショップ「いつか老いる自分にかける言葉、仕草、眼差しを問う」
登壇者:「老いと演劇」OiBokkeShi 菅原直樹氏

【会場アクセス】
渋谷区神宮前1-9-12 ロイスダールビル 原宿スペース2階
(明治神宮駅前徒歩3分)

主催:ケアと文化・芸術展運営委員会(軽井沢町・診療所と大きな台所があるところ「ほっちのロッヂ」(2020年開業予定)主催)

お申し込みは、こちら からどうぞ。

━━━━━━━

では、また来週、お知らせをお届けします。


*2019年1月より、毎月一通、最終週ごろにメールマガジンをお届けします。
登録は、こちら からどうぞ。

いつもありがとうございます!
2
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com

この記事が入っているマガジン

お知らせ
お知らせ
  • 57本

2020年4月の開業を目指し、今どんなことをしているかをお知らせしています。2019年1月より、毎週月曜日に更新しています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。