見出し画像

【お知らせ 43】上棟式は来月初旬、高校生冬季インターンシップの決定、巣箱とエサ台🐿!、メンバオリエンテーリング など

ほっちのロッヂ、藤岡です。最近のほっちのロッヂのホットな動き、アーカイブしてお送りします。

①上棟式は来月初旬

台風19号の影響で、基礎工事の施工会社が復旧にあたっていたことなども関係し、上棟式は来月初旬から中旬へ。一気に進めていただいています。

工事の様子は、休工日や早朝の様子を動画や写真でアーカイブしています!


②高校生冬季インターンシップの決定

10/31に、UWC ISAK Japan にて、ほっちのロッヂ運営元の医療法人オレンジ(福井市)にて、ISAK生徒さんの受け入れのためのプレゼンテーションをさせていただきました↓

11/11(月)には、2名の受け入れの枠に4名が申し込んでくださり、その全員と面談をしました。NGOで働く夢がある人、医師を志したこともあり医療に興味があった人、子どもホスピスで子どものケアに関わったことがある人、タイで200人もの子どもたちとアートワークを開催したことがある人・・、2時間をかけて、4人通して面談をしました。エネルギー値が高く、面談する私たち側もとても勇気をいただく時間になりました。来月には福井の拠点にて2名の生徒さんを受け入れます!
来年はほっちのロッヂで受け入れる一つの布石ですね。またお知らせにて様子などお伝えします。

③巣箱とエサ台🐿

軽井沢町の高齢者の活動場所「通い場」にて、メンバの一人が、巣箱とエサ台を分けていただきました!

画像1

か、可愛い、、、。もう古いからね〜とのことで譲り受けましたが、とっても愛くるしい色味。

ほっちのロッヂの訪問看護の拠点にもよくリスが遊びに来るので、来たる(すでに来ていますが)冬に向けて、暖かい巣を提供できたらと思っています🐿

④メンバオリエンテーリング

毎月のメンバのピットイン(原点に立ち戻り、自分の足元を確認する)である、オリエンテーリング。

・自分の取り扱い説明書
・2020年4月時点でのありたい姿
・2019年12月31日時点でのありたい姿と、何を行動するか
について、全員で考え、共有します。

今月は午後の2時間を使い、「メンバの頭の中」をそれぞれ共有する時間をさらにとりました。
毎日顔を合わせていても、様々な活動に邁進しているメンバ同士だからこそ、インプットを定期的にアウトプットする機会を大切にしています。とはいえメンバが集まって2ヶ月半でようやくこの機会を作れたので、今後はもっと短い周期で、お互いの頭の中を覗けるような機会を作っていきます。

はな:「旅のことばとカードゲーム」を使ってメンバと対話する
かれん:「11月初旬渡蘭して見聞きした、子どもむけポジティヴヘルスと、私のやりたいこと」
かな:「2015年に見聞きしてきた、オランダの訪問看護チーム ビュートゾルフの強みや仕組みについて」

画像4

画像3

画像2


今週は、ほっちのロッヂ共同代表の紅谷の軽井沢町入り、東京の大学生数名によるほっちのロッヂ見聞き、医療法人オレンジのメンバの軽井沢町入り、ほっちのお茶会を軽井沢高校にて開催など、目白押し。町の福祉やまちづくりに関わる会議にも連続して出席します。

では、また来週、お知らせをお届けします。

*2019年1月より、毎月一通、最終週ごろにメールマガジンをお届けしています。登録は、こちら からどうぞ。



ありがとうございます。嬉しいです!
1
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業を予定しているケアの文化拠点です。http://hotch-l.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。