見出し画像

【働くこと、5】共感して笑って、くやしくて泣いて、ホッと安心して、これでいい?と不安になって、仲間が横にいて、また前を向いていく。感情溢れるメンバでいよう。

ほっちのロッヂの始まりファンファーレが鳴りました!

ファンファーレ、が鳴り、2020年4月のほっちのロッヂの全事業開始に先駆けて、2019年9月、私たち 「ほっちのロッヂ」は、”訪問看護事業”を、開始することになりました。

私たちは、訪問看護事業をこのように捉え、動き出します。

「家に訪問し医療のサポートをしたり、町全体の健康を考える活動のこと」

どなたかの家に訪問して医療のこと、暮らしのことの話を聞いている時間。そしてもしかしたら、町の農園で働いているかもしれません。はたまた、文庫を作っているかもしれないし、町のどこかにいるかもしれませんね。

さて働き手たちとの冒険が始まります。

9月1日、軽井沢町のコワーキングスペースで、オリエンテーションが始まりました。

最初は「チェックイン」。
初めましてのメンバも、名前と、そして今の素直な気持ちをお互いに共有から始まりました。

私の”取扱”説明書を書く

そのあと、「私の取扱説明書」を書きはじめます。


【持っているもの】【持っていないもの】から書き出します。好きなこと、熱中していることも。
「イラストレータが使える」、「保育士と介護士の資格」「どこでも寝れる」、「開拓精神」「看護師資格」「パンクロックに熱中している」などなど。「もう夜10時からは眠たくなる」「短い気を持ってます(つまり短気である)」など、自分を表す言葉をリアルに出していきます。

次に、【自分がサポートをもらいたいコト・モノ】。
「言語化するのが苦手」「集団で動くことが苦手なんです」「裁縫が苦手」などなど。
それぞれにサポートをもらいたいことを話すと、「裁縫が得意」「料理が好き」など、それぞれの得意なことと、サポートをもらいたいことがうまく繋がるタイミングがあります。

私ごとの目標作り

だんだんと、その人となりがわかってきたところで、今度はほっちのロッヂの目指すところを整理して、そして私自身の目標、在りたい姿を書き出します。

この目標は、9/2から始まる、医療法人オレンジの拠点での研修でも毎日振り返りながら、確実に毎日を進めていくコンパスになります。

それぞれに、2020年4月に在りたい姿を書き出し、そのためにこの9月をどう過ごすのか?具体的な言葉にしていきます。

ほっちのロッヂで気持ちよく働くにはどんなことが必要だろう?

オリエンテーションの前半、最後の問い。自分たちで、気持ちよく働くにはどんなことが必要なのか、アイディアを出し合いました。

「余白を持ちたい。では、どうやったら余白をもてるだろう?朝に、ティータイムを持とうよ。」

「ネガティヴなことだって、正直に言葉にしていこう。溜めずに。」

「しないこと、を決めよう。なんでも買わない。まずは、作れる?から考えていく。」

「医療のサポートをするのに、誰が一番上だとか、下だとかも関係がないはず。サポートを必要とする人にも、それに関わる人たちにも、私たちの考えをしっかり伝えていきたい、その姿勢を皆で持ちたい。」

「場所を選ばず、オンラインでも働けるようにしていきたいね。」

それぞれの感覚を、ボードに書いていきます。

町を歩き、表現をスコープする

オリエンテーションの後半は、軽井沢町に飛び出し、それぞれの「好き」に基づいた、町歩き。町のあちらこちらで表現されるモノコトヒトをスコープし、町を捉えていきます。

「温泉につかって、図書館で図書館カードを作って、本を借りて、郵便局に行って・・・、軽井沢検定ってものがあって・・・」たった4時間ほどで、すでに町民、町民以上のフットワークの軽さで動くメンバ、さすがです。

軽井沢に3年以上通っているメンバは、「馴染みの食堂に行って、歩いていたいら顔なじみの町民に声をかけられて、家でお茶をして、そのあと大好きな喫茶店に行ったら、どうやらそのマダムが入院しているみたいで・・」と早速町に関わりはじめています。

「本のコミュニティがないかなと町の図書館へ行ったり、チラシを集めてみて町の活動を知ったり、なんだか歩いていたら、この町には教会が多いですね!」と、独自の視点を教えてくれるメンバ。

「お腹が空いて飛び込んだラーメン屋さんのマスタが、強面なのに、優しい声。このお店のネーミングセンスもすごく面白くて・・・」と、デザインに強みを持つメンバは、言葉遣いや人の観察もとても鋭いものがあります。

そんなメンバ1人1人に、ほっちのロッヂの藤岡が、町のあちらこちらで表現されるモノコトヒトをスコープした報告を受けて、”アワード”授与。1人1人それぞれにお渡ししました。

さて、メンバは翌日から福井へ旅だち、しばし研修の時間。毎日のインプットの中で、どんな問いを持ち帰って来れるのか、軽井沢町で残るメンバとともに、楽しみに待っていようと思います。

今回、オリエンテーションでお借りしたのは、いこいヴィラさん。中軽井沢駅から徒歩8分ほど。

ほっちのロッヂ
info@hotch-l.com
書いた人、文責:藤岡

ありがとうございます。嬉しいです!
5

Hotch-Lodge

長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業を予定しているケアの文化拠点です。http://hotch-l.com

ほっちのロッヂの始まりファンファーレ

2019年9月より、ほっちのロッヂの訪問看護事業(のようなもの、という表現にとどめておきます)が、一足先に始まります。 この #ほっちのロッヂの始まりファンファーレ201909 は、ほっちのロッヂメンバと普段関わりがあり、それでいて、持論がピリっとおありの方々に、「福祉に...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。