【11月23日(火・祝)は、おためし開放日】放課後子どもアトリエ、秋の活動のようすと、参加お申込みについて
見出し画像

【11月23日(火・祝)は、おためし開放日】放課後子どもアトリエ、秋の活動のようすと、参加お申込みについて

ほっちのロッヂのアトリエで、まちの子どもたちと共に創作活動を共にする「子どもアトリエ」。おかげさまで少しずつアトリエ仲間も増えてきて、いつもにぎやかに活動しています。

1、はじめてアート体験を、ぜひ子どもアトリエで

子どもアトリエの魅力は何よりも、まだやったことのないアートの技法にふれられること

書道家・塔下さんの書道のいろはを体験。まだ習字の筆を持ったことのない小学校低学年の子達。ましてや、ひらがなすらまだ書くことをしていない年中さんも。

iOS の画像 (24)

別の日にはフルイドアートを。好きな色を好きなだけ大胆に使ってひっくり返すだけの簡単な技法で、どんな模様になるのか予想つかないところが面白くて、みんな何個も作っちゃいました。

iOS の画像 (23)

その他にも、場所に慣れなくて戸惑っていた子が、かまぼこさんと一緒に絵を描いて過ごしてみて、「かまぼこさんとならいいかも」と言って笑顔になって帰ったり。

あるいは、学校で嫌なことがあって大泣きしながら来た子が、お台所メンバが作ったおやつを食べて、気分転換に森の外を回って、気がついたら一緒にお芋ハンコを作っていた、なんてことも。

最近では、書道を楽しみにアトリエに通っていた子が書道家・塔下さんの書道教室に通い始めたようで、嬉しい気持ちです。

アートを通して気持ちを表現したり、お互いの距離を縮めるきっかけになったり、新たな発見や挑戦になったり、その子らしさを引き出すきっかけになったりする素敵な瞬間が、少しずつ積み重なっています。

2、多彩・多才なおとなたちのサポート

ご自身で表現活動をされながら、多彩なバックグラウンドをもったおとなたちがたくさんいるのも、軽井沢ならではの魅力。年齢もキャリアも様々なおとなたちと、アートの技だけでなく、たくさんのまなび合い・真似び合いを体験してほしいです。

iOS の画像 (22)

いずれここでまなび合った才能同士、将来の創作のパートナーになれたら嬉しいですね!

3、参加方法

新規のお申し込みはGoogleフォームにて受け付けます(お返事に2~3日ほど頂く場合があります)。ご登録のお手続き後、別の予約フォームにて日々のアトリエ利用予約ができるようになります。

11月23日(火・祝)は、おためし開放日です。入会をお考え中の方も、1枠500円でおためし利用できますので、ぜひお問い合わせ下さい。

曜日:週2回(毎週水曜・金曜、祝休日はおためし開催の場合あり)
時間:14:30~16:00/16:00~17:30(1コマ90分)
対象:アート活動に関心のある3歳~18歳までの方
定員:各コマ5名(先着順)
※1か月あたり1人5コマまでご予約が可能です。
※利用日の3日前までに満枠にならない場合は、5コマ目以降の利用も可能です。
内容
美術・工作活動が中心になります。年齢や本人の興味に合わせ、画材や表現方法を学んだり、展示企画をしたりします。案内人の用意したワークショップに参加しても良いですし、自分の取り組みたい制作活動に打ち込んでもOKです。

案内人
子どもたちの案内役として、数名のおとながアトリエに常駐しています。おとなたちは何かを教えるというよりも、子どもたちの作りたいものを応援し、たまにヒントをくれるかもしれません。

【水曜日の担当・日替わり】
-大隅康平

埼玉県生まれ、2020年2月より長野県佐久市に在住。現在は調剤薬局に勤めながら、小海駅にて地域の人のさまざまな相談に応じる「くらしの保健室」の運営や、地域薬剤師として佐久市の高齢者向け事業を行っています。アトリエでは、アナログ、デジタルの世界を自由に行き来しながら、子どもたちとともに表現の世界を広げて行きたいです。

-みやしたようこ(シェプチラパン)
中軽井沢にて“お花とくらしと人参ケーキ“を合言葉に雑貨店・シェプチラパンを営む。都内ではIKEBANAを海外のお客様、親子向けにフラワーアレンジメントのワークショップ等を開催。企業や団体での大型レッスン、オンラインレッスンも行う。nomado志望の風越エリア在住。そうげつ流師範、岡崎女子短期大学幼児教育学科卒、University of Oregon修了。

-つちやまいこ(HOIオリジナル製作所)
広島市エリザベト音楽大学宗教音楽科卒。 愛犬をデザインし始めることをきっかけにネットショップを始め、2021年より中軽井沢にてアニマルフレンドリーなイラストやデザインを中心に手掛けるHOIオリジナル製作所を営む。その傍ら軽井沢町内の混声合唱団を指揮、指導。前職はJAZZボーカリストという才能豊かなイラストレーター。

-森のじいじ(柏葉二三夫)
1953年生まれ、68歳。2014年埼玉県の小学校教員退職、とんぼ工房主宰。おもちゃコンサルタントとして、遊んで学べる木のおもちゃや工作を担当します。

【金曜日の担当】
-かまぼこ

軽井沢生まれ、御代田在住のアナログイラストレーター&お絵描き先生。中学3年生の頃からイラストレーターを目指し、今年、武蔵野美術大学通信教育課程に再編入。「パステル和(NAGOMI)アート」インストラクターの資格保有。地域のの介護施設や学校等で人に絵を教えたり、一緒に考える活動を続けています。

おやつ
1食500円で、ほっちのロッヂの台所の手作りおやつを提供できます。

料金
・年会費(施設損害保険料+登録手数料):1,000円/年
・月会費(材料費):1,500円/月
 ※きょうだい2人目以降は1,000円/人
・アトリエ利用料:500円/1コマ
 ※1日2コマ(14:30~16:00・16:00~17:30)利用の場合は1,000円/日
・おやつ:500円/1食

お支払い方法
新規お申込みの方は、年会費(1,000円)を利用日の前日までに下記の方法でお支払い下さい。
・現金(ほっちのロッヂにて受付)
・振込(振込先情報はお申し込み時にお知らせ)

月会費・アトリエ利用料・おやつ代は、実際のご利用実績に応じて月まとめ・翌月精算となります。下記の方法からご指定下さい。
・コンビニ支払い(当月末日締め、翌月末までにお支払い)
・口座振替(当月末日締め、翌月27日引落し)

お申込み・お問い合わせ
ほっちのロッヂの文化企画(担当:唐川、松永)
0267-31-5519(月~金:9:00-17:00)
info@hotch-l.com

《はじめて入会の方》
お申し込みフォームより、基本情報をお知らせください。お申込み確認後、ご入金方法やご利用詳細をお知らせします。ご利用の日程申込みは、ご入会完了後にお知らせする予約ページより、後日行って頂きます。

皆さんのご利用をお待ちしております!

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

あの人に届くと、もしかするといいかもしれない、そんなことが頭に浮かんだならば、ぜひ教えて差し上げてください。

ほっちのロッヂにご興味のある方は、よければ、ご友人に直接話をしてくださったり、このnote記事に「スキ」、ツイッターなどSNSでシェアしてくださると、嬉しいです。

ほっちのロッヂ
info@hotch-l.com
書き手:エミリー(唐川)
写真:めーちゃん(松永)
文責:藤岡

(2021.11.5)

ありがとうございます。嬉しいです!
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com