4月▶︎「0円キッチン」の上映とその様子、5月▶︎「ポバティー・インク」上映予定。【《考える映画館》ほっちのロッヂの映画部】
見出し画像

4月▶︎「0円キッチン」の上映とその様子、5月▶︎「ポバティー・インク」上映予定。【《考える映画館》ほっちのロッヂの映画部】

4月から、ほっちのロッヂの映画部の活動がスタートしました。

記念すべき1回目は、ほっちのロッヂのお台所担当・由美さんが案内役を担当。映画『0円キッチン』を7名で鑑賞しました。

映画部_Apr1

いつものアトリエが、こじんまりした映画館に。映画を観た後は、みんなで感想をシェア。印象的だったシーンや、自身の取り組みまで、さまざまな話題が広がり・・・

映画部_Apr2

ひとしきりしゃべったら、持ち寄った食材で料理スタート!

映画部_Apr3

ここから生み出された0円メニューはなんと・・・

参加してくれた方も、普段はロッヂでお目にかからない方がちらほら。これをきっかけに足を運んでくれ、とても嬉しいです!

🎦 作品はとても興味深い内容でした。他の参加者の皆さんとも上映後にお話しができたのもよかったです。

🎦 楽しんで問題を可視化して、浮き彫りにしている点は素晴らしいと思う。今後、自分たちに何ができるか考えて行動するよい機会を得られた。

🎦 参加した方々は、得意なことがさまざまで、みなさんの活動の場に行ってみたいと思った。お料理をしながらだから、気軽にはじめての人たちとお話することができた。

🎦 自分の暮らしの中のことだけじゃなくて、地域全体で食のことを考えていくことの大事さと楽しさを見出せた気がしました。「自分の足るを知る」ってのが最近の自分のテーマでもあったので、賞味期限・消費期限に左右されない自分の感覚があれば、もう少し「足る」って感覚を広げられそうだなぁと思いました。

次回は5月1日。何かアクションを起こしたい!という人から、映画を大画面で観たい!という人まで、ご参加お待ちしております。

▼ 第2回(5月)「ポバティー・インク」

案内人は、JICA青年海外協力隊としてパラグアイに滞在したのことのある、ほっちのロッヂの頼れる看護メンバー・ゆっきー。

物資支援の問題にクローズアップしたこの映画にちなんで、日本で物資支援が行われるとき=災害時を想定したディスカッションを予定しています。もしものことが起こった時、誰と何ができるだろう?行動を共にできる仲間との出会いを楽しみにしています!

|詳細はイベントページから!

▼ お問合わせ・お申込みはこちらから(残席僅少!)

ほっちのロッヂ文化企画担当 唐川
0267-31-5519
info@hotch-l.com

上記お申込み先に、①お名前、②参加人数、③お住まいの市町村、④参加のきっかけを添えてお申し込みください。当日詳細はお申込み後にご案内いたします。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

あの人に届くと、もしかするといいかもしれない、そんなことが頭に浮かんだならば、ぜひ教えて差し上げてください。

ほっちのロッヂにご興味のある方は、よければ、ご友人に直接話をしてくださったり、このnote記事に「スキ」、ツイッターなどSNSでシェアしてくださると、嬉しいです。

ほっちのロッヂ
info@hotch-l.com
書き手・文責:唐川エミリー

(2021.4.14)

また、「スキ」待ってます!
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com