見出し画像

【お知らせ 42】工事、順調です、「ほっちのロッヂのドライフラワー屋さん」デヴュー!など

ほっちのロッヂ、藤岡です。毎週始めの平日に更新している、【お知らせ】。今週は火曜日更新となりました。ほっちのロッヂ、ホットなニュースお伝えします!

①工事、順調です!

少しだけ前の様子ですが、重機の入らない現場のタイミングを見計らって、様子をお届けします。

今月末には、ランドスケープデザインの方々との打ち合わせ、そして上棟式を控えています。台風19号の動きがあり影響もありましたが、現場の方々がキビキビと進めてくださっています。定点観測の写真もアーカイブ中!しっかりまとめていきます。

②オランダでブランコのベニヤ

なんだか早口言葉のような言葉ですが、11/3-11/8にかけて、ほっちのロッヂ共同代表の紅谷と、ほっちのロッヂ まちのほいくし 吉田がオランダに入り、子ども一人一人の強みを引き出す医療のアプローチを掴みに行っていました。

もちろん現場での収穫もあったのですが、、ほっちのロッヂ的一押しはこのショット!↓

自力発電の装置がオランダの主要駅に。楽しみながら確実にpowerに変えるこの仕組み、ほっちのロッヂがまさに目指す仕組みそのもの!近く、オランダでの見聞きも吉田から発表があるなど、ほっちのロッヂは国内外の情報を吸収して、ぐんぐん育っていきますよ!

③「ほっちのロッヂのドライフラワー屋さん」デヴュー!

11/10、軽井沢町・塩沢で行われたマルシェにて、ほっちのロッヂがお店を出しました。

医療や福祉の表現にこだわらず、来店されるであろう方々を予想しながら、ほっちのロッヂが大切にしていること・・・医療者と患者としてではなく、人と人が「好きなこと」での出会い方ができる機会になれば。軽井沢町を見渡すと、都市部では手に入りづらい草木たちがたくさん!持ち帰る時にドライフラワーであれば、長い期間楽しむこともできる、と閃きました。

店長を務めた、にしかわくん 曰く、


・この2ヶ月の活動で繋がった人たちにドライフラワーを置く用の籠やザルを借りる
・訪問看護として入っている方を”患者さん”ではなく"先生”に迎え、コンクリートの作り方を教わってそれを応用して小さいお花が入れれるカップをつくる。
お金で新しいものを買うんじゃなくて、できたつながりをいかして用意したこと。



「どこでお店してるんですか?」と聞いてくれる方もちらほらいました。

「実は花屋じゃないんです」という話からほっちのロッヂの活動の説明が自然にできて、私たちが看護師や医師だとこっそり伝えると、すごく驚いていて、本当にドライフラワー屋さんだと思ってくれてたのが看護師と思われるのが嫌いな私はすごく嬉しかった(笑)。

など、にしかわくん 節が炸裂しています!

ぜひゆっくり記事をお読みくださいね。

では、また来週、お知らせをお届けします。

*2019年1月より、毎月一通、最終週ごろにメールマガジンをお届けしています。登録は、こちら からどうぞ。


今日も素晴らしい1日になりますように!
3
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業を予定しているケアの文化拠点です。http://hotch-l.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。