6歳が、町の高校の美術部の表現に舌を巻く。

「カルビとは何であるか。それは美術部です。軽井沢高校の美術部です。
しかしどこか美術部という枠では収まりきらない、つかみどころのなさがある。作品とか表現ではくくりきれない、濃密な時間と空間を味わう集団のようなんですね。」(カルビの活動をまとめた本より抜粋)

町に越してからすぐに、楽しみにしていた、個展に行った。

高校の美術部が、あの千住博美術館のギャラリーで個展を開く、という事自体に、美術館側の地域へと開く姿勢への感嘆と、美術部の大いなる挑戦に何だか胸がふるえたのだ。

同世代に比べるとおそらくかなりのアート展に行っている(否、母に連れ回されている)息子(6歳)が、5分ほど、ある絵の前から離れなかった。じっと見ている。
この月齢での”5分”は、かなり長い時間だ。

少しだけ年が近い作家たちの、2メートルを越すその作品に、独特な青白い熱量と、ここにいるのだという叫びと、まあ、ただ何となく、何かを感じたのだろうか。

人の目が気になり、でも自分をどこかに探している。10代は複雑な感情が入り混じる頃。

町の美術部の作品は、見事に、それでいう”複雑”ではなかった。シンプルな表現の集い場で、ある意味振り切っている作家たち。自分に夢中なのだ。

控えめにいって、最高だった。

展示をみて帰ってきた6歳は、おもむろにティッシュを折り模様をつけ始めた。やっぱり、何となく何かを感じたのだろうか。

軽井沢高等学校 美術部
軽井沢町の公立高等学校。軽井沢町で6月に開催されるG20関係閣僚会合のロゴを、軽井沢高校美術部(カルビ)がデザインした。


1、「COFFEE SHOP KAIDO」の幻の一杯
#渾身のコーヒーブレイク

2、中軽井沢図書館に居ると帰りたくなくなる
#本好きの幸せどころ

3、6歳が、町の高校の美術部の表現に舌を巻く。
#町の表現者たち
また、「スキ」待ってます!
3

Hotch-Lodge

長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業を予定しているケアの文化拠点です。http://hotch-l.com

軽井沢のまちのこと

軽井沢のまちの暑さ・寒さはどんな様子?美味しい野菜はどこで手に入る?どんな人たちが暮らしているんだろう?ローカルな暮らしを紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。