見出し画像

高校生も大学生も「好き」から本音が引き出されていく|11/22(金)第八回目「ほっちのお茶会」軽井沢高校ver. 開催レポート

「症状や状態、年齢じゃなくって、
好きなことする仲間として、出会おう。」

2019年4月から、軽井沢町内外の人が、
自分の「好き」を起点に出会いなおす、「ほっちのお茶会」始めました。
毎月、まちのさまざまな場所で開催していきます。
アーカイブはこちらから:
1回目 自分の好きを言葉にしよう。4/22(月)第一回目の「ほっちのお茶会」、始まりました。@発地・シェリダン
2回目 「つまり、このまちはおせっかいで成り立ってるね」|5/20(月)第二回目「ほっちのお茶会」開催レポート @発地・シェリダン
3回目 「「頭の中の「?」が、少しずつほぐれていく感じ。」|6/9(日)第三回目「ほっちのお茶会」開催レポート」@発地・密蔵院
4回目 三人寄れば文殊の知恵。|7/17(木)第四回目「ほっちのお茶会」開催レポート @発地・カフェ春木
5回目 つぶやきをそれぞれで拾いあっていく|8/15(木)第五回目「ほっちのお茶会」開催レポート@発地・カフェ春木
6回目 話そう、作ろう、食べよう。|9/14(土)第六回目「ほっちの”カレー会”」 with カレーキャラバン 開催レポート @柳沢農園
7回目 芋づるしきにつながる私たちの”好きなこと”|10/17(木)第七回目「ほっちのお茶会」開催レポート @発地・カフェ春木

今月は、なんと軽井沢高校の学習センターで、高校生と大学生とほっちのロッヂとのお茶会が実現、してしまったのです。7回目のほっちのお茶会に参加してくださった、軽井沢高校の学習センターの講師、照井氏と打ち合わせを重ねてきました。

ちょうどテスト期間が終わった軽井沢高校生の方と、ほっちのロッヂの現場を見聞きしに来てくださった大学生・大学院生・理学療法士養成の教員の方々と引き合わせてしまおう!
もちろん、お互いの「好き」を起点に出会っていきました。

画像1

画像2

普段のほっちのお茶会と少し雰囲気を変えて、皆さんに書き出してもらいました。

・いつも呼ばれている名前

これで、所属や肩書き、学校名を一気に隠してしまいます。年齢さえも。

・好きなこと3つを自分に”貼る”

自分を表現する。
「好き」なことを3つ、さらっと書ける人も、そうでない人も。ウンウン言いいながら書いているこのプロセスもとっても大事だと思うのです。


・ちょっと先輩と、好きなことで出会う

どちらも、ぐらぐらと揺れているのだけれど、その揺れは少しずつ違っててどちらが良いとか悪いとかではなく、そんな揺らぎもあるのかーということを互いに感じている。でもどちらも揺れているからこ、きっとホッとして語り合いが始まりやすい。
自分の好きなものを語るとき、そこには正解も不正解もない。だからこそみんな自分語りが出来るのだろう。自分の好きなものは唯一無二なもの。同じものが好きでもそこにかける思いやこだわりはきっと違う。だからこそ、いろいろな人の「好きなもの」を聞くのは楽しい。(吉田)

画像3

(ほっちのロッヂのメンバ、吉田は、高校生×ちょっと先輩、略してちょっ輩(ちょっぱい)の語り合い、と名付けてくれました。)

画像4

全体の流れは、”ちょっと先輩”と語る時間、そして語った時間に何を感じたのかを発表してもらう時間、そして最後にほっちのロッヂが大切にしていることをお話しする時間になりました。

画像5

画像6

ちょっと先輩と語る時間、高校生の方々は、どんなことを感じたのでしょう?

画像7

・えーっと、(ちょっと先輩から聞いた)和製ウイスキーの話と・・・(笑)、自分がなりたい、教師像について。自分が話すことでああそうだ、自分はこんな気持ちを持っていたんだって、話しながら気がつくことができた。(高校3年生)

・(ちょっと先輩から聞いた)チョコの話・・・。(笑)楽しそうに好きなことを話す様子を見て、楽しいこと、好きなことを大事にしていっていいんだ、って感じた。(高校3年生)

・受験先ってどういう風に選ぶんだろうね、って(ちょっと先輩が)質問してくれて、ハッとした。当たり前に成績で考えるものだと思っていたから・・・。どういう風に選んだらいいんだろう?って、考えた。(高校2年生)

「好きなこと」を話して相手とのコミュニケーションをとり、その後自分が”本当に”心で思っていることを伝え合う。「普段友達にもしない会話を出来た」という高校生の方々の言葉が印象的でした。

画像8

最後に、ほっちのロッヂのコンセプト、「症状や状態、年齢じゃなくって、
好きなことする仲間として、出会おう。」について。
今目の前で体験してもらったことが、まさにほっちのロッヂの空間で同時多発的に起こってほしいと光景であるということ、医療福祉だからといって、決して遠い存在にはして欲しくない、という気持ちを伝えさせてもらいました。

参加してくださった皆さんに心から感謝します。また、町のどこかで会いましょう!

━━━━━━━━
○12月のほっちのお茶会(ほっちのうどん会)
日時:12月8日(日) 夕方ごろ
場所:訪問看護ステーション ほっちのロッヂ
参加費:実費
12月はほっちのロッヂメンバと防災に関心のある方々と語らいの会とすることにしました。ご興味のある方は下記へお知らせください。
info(@)@hotch-l.com 藤岡
━━━━━━━━

「第八回 ほっちのお茶会」
日時:2019年11月22日(金) 13時半~15時半ごろ
場所:軽井沢高校 学習センター
参加者:およそ18名
レポート者:ほっちのロッヂ・吉田、藤岡
Thank you so much!
3
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業を予定しているケアの文化拠点です。http://hotch-l.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。