見出し画像

国籍関係なく、自分や相手の身体や暮らしのこと、もっと気兼ねなく話ができる場所があるといいのに。|10/16 Tea Time Meet Up、開催しました

軽井沢町に住む外国籍の方々の暮らしのサポートがしたいと考えています。どうしたら、外国籍の親御さんの子育ての大変さをもっとよくできるだろう?出会うためには?など考えを巡らせ、まずはお茶会なるものを立ち上げました。

画像1

10/16(水)、少しずつお知らせを各方面へ持っていきましたら、今回のMeet Upには軽井沢町に住むインターナショナルスクールの学生さんが参加してくれました。

・受診のしにくさ(通訳者のマッチングや、症状が正確に伝わりづらい)
・思春期のこと
・母国と離れて暮らすこと
・お金のこと…
・学校のカウンセラーに行くと友だちにも知られるし行きづらい、カウンセラーとの相性も

インターナショナルスクールの生徒さんが抱える大変さをしっかりと伺う時間になりました。ほかの地域でも話題になっていますが、子ども食堂には行きづらい・・との話も。総じて、生徒さんの選択肢が少ない状況も分かってきました。

インターナショナルスクールのオープンDayにて、本日お話ししたほっちのロッヂの話や、インタビューに答えた様子を後日動画にするそうです。今後は、インターナショナルスクールのオープンDayにてご挨拶し、医療福祉に興味がある方受けに、「暮らしの保健室」のような場所へとつなげていこうと想像(妄想?)しています。

こちらの動きも、また追って。 

画像2

画像3

「Tea Time Meet Up 1st.」
日時:2019年10月16日(水) 10時ごろ~11時半ごろ
場所:LuLu Grass さん
参加者:7名
レポート者:ほっちのロッヂ・藤岡
他の記事もぜひ読んでみてくださいね。ありがとうございます!
4
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業を予定しているケアの文化拠点です。http://hotch-l.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。