医者だって一緒に迷いたい。ワクチンのお話、しませんか?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

医者だって一緒に迷いたい。ワクチンのお話、しませんか?

ほっちのロッヂでは、昨年11月にワクチンについての語らいの時間を持ちました。
このnoteでは、ワクチンについて語らってきたゆうさんを中心に、ほっちのロッヂメンバが考える対話やこれからについて綴っていきます。

スクリーンショット 2021-07-30 5.52.36

写真は昨年のお知らせで使用したもの。軽井沢町がだんだんと冬に向かっていく手前、全2回の開催で10名強の方たちが参加してくれました。
さてここからは、私藤岡が、ほっちのロッヂのドクターゆうさんに話を聞いていきます。

プロセスの中で”価値観の対立構造が生まれてしまっている”

– そもそもどんなプロセスがあって、「ワクチンのお話し会」を思いついたんですか?

ゆうさん:はい。去年開催したきっかけは、まずは外来でお会いする方達の中で、ワクチンを打たない、と選択する子育て世代の多くいらっしゃるなと感じたことでした。ワクチンの打ち忘れはあまりなく、いろいろな思いを持って「打たない」選択をする人たちがいらっしゃって、その中で健診や小児科の受診で責められるなど、医療者の批判的な態度に傷ついている方もいました。
こうした出会いを経て、ほっちのロッヂでは「親子プランニング」の中で、予防接種相談の時間も多く持ってきました。

「こどもの健康」という同じ目的のはずなのに、プロセスの中で”価値観の対立構造が生まれてしまっている”、と思い、医師-患者でない対話の場を作るため、親子向けにワクチンお話会を開催しました。それが去年の11月ですね。

– 語らいではどんなことが話の中心に?

ゆうさん:自分が参加した会で心に残っているのは、「ワクチンはからだのことの一部。ワクチンだけ切り取ると、“打つ““打たない“の対立になってしまうけど、からだについてどう考えるか、という視点で話したい」、「ひとつひとつのワクチンについて考えたいと思ったときに、相談するところがない」という言葉ですね。

べにさん(ほっちのロッヂドクター)が語らった会では、「学校でも習わない、妊娠中などにも習わない、「打ちなさい」だけ。そこに疑問を持ってしまった人にはアクセス先がない」、「ネットにアクセス先を求めるとネガティブな情報が多くなる」。など情報の取り方について。
少なくとも、打たない選択をしているお母さんはとても考えている、ということ。「打ってないけど、どうしよう」というシンプルな相談の中にもものすごく幅がある、ということでした。

スクリーンショット 2021-07-30 16.44.03

だからこそコロナワクチンへの思いを対話する時間をもちたい

– 今年の「ワクチンのお話し会」どんなことを中心に置きたいですか?

ゆうさん:主にはコロナワクチンについてお話ししたいなと思っています。コロナワクチンについて様々な混乱や不安があると思います。

コロナワクチンについて、打つ・打たないの二項対立ではなく、迷っている、わからない、どうしよう、と口にしたり、迷いを迷いのまま表現できる場所として語らいたいと思っています。

誰かがお互いを責めたりすることなく、思いを口にできる場所、不安であることをそのまま言葉にできること。ほっちのロッヂの場所がつくり出す雰囲気をもとに、対話をしていきたいと思います。

それから、ほっちのロッヂにいる4人のドクターたちにも、お話し会を通じで出会っていただきたいなぁと思っています。場の雰囲気や開催の仕方、たたずみ方も4者4様です。イメージは、1日店長のような感じですね(笑)

– 毎週参加して全てのドクターと話す、も楽しそう!(笑)

ゆう:迷っている、不安だと話せる場所として、軽井沢町、御代田町の方に知って欲しいな、参加してほしいなと思っています。例えばコロナワクチン関連で関わっている役場の方にも伝えたいですし、お子さんを連れたご家族でも参加いただけるといいですね。

8月の土曜日・午前中。ほっちのロッヂで開催します

▶︎話し手の予定(話し手は変わる場合もあります)
2021年8月7日(土)10時~11時 話し手:べにさん(紅谷)
2021年8月14日(土)10時~11時 話し手:なおさん(萩原)
2021年8月21日(土) 10時~11時 話し手:ゆうさん(坂井)
2021年8月28日(土) 10時~11時 話し手:すぎー(杉浦)

スクリーンショット 2021-07-30 16.28.22

▶︎2021年8月7日(土)10時 話し手:べにさん(紅谷)

スクリーンショット 2021-07-30 20.11.51

▶︎2021年8月14日(土)10時 話し手:なおさん(萩原)

スクリーンショット 2021-07-30 16.30.45

▶︎2021年8月21日(土) 10時 話し手:ゆうさん(坂井)

スクリーンショット 2021-07-30 16.32.07

▶︎2021年8月28日(土) 10時 話し手:すぎー(杉浦)

▶︎申し込み方法
①お電話 0267-31-5517(ほっちのロッヂの診療所へつながります。「ワクチンのお話し会希望」とお伝えください。お名前と連絡先、参加人数をお伺いします)
②メール info@hotch-l.com へ「ワクチンのお話し会希望」として、お名前と連絡先、参加人数をメール本文にお願いします。

▶︎人数の目安
各回5名ほど。先着でしめきる予定です。

▶︎場所
診療所と大きな台所があるところ ほっちのロッヂの、風が気持ちよく吹き抜ける場所にて
(軽井沢町発地1274-113)

▶︎ご注意ください
マスク持参、発熱や風邪症状のある方は、参加をご遠慮ください。
・コロナワクチンについて、打つ・打たないの二項対立ではなく、迷っている、わからない、どうしよう、と口にしたり、迷いを迷いのまま表現できる場所として語らいたいと思っています。
・コロナワクチン接種の予約や、接種はできません。ご承知おきください。

色々な方たちと語らえることを、楽しみにしています。ぜひお誘い合わせくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

あの人に届くと、もしかするといいかもしれない、そんなことが頭に浮かんだならば、ぜひ教えて差し上げてください。

ほっちのロッヂにご興味のある方は、よければ、ご友人に直接話をしてくださったり、このnote記事に「スキ」、ツイッターなどSNSでシェアしてくださると、嬉しいです。

ほっちのロッヂ
info@hotch-l.com
語り手:ゆう
文責:藤岡



また、「スキ」いただけるように書いていきます!
長野県軽井沢町(東京から約1時間) ほっちのロッヂは、元々里山だった少し小高い丘と小さな小川が流れる林の中にたたずむ、診療所と大きな台所があるところ。2020年4月に開業した、ケアの文化拠点です。http://hotch-l.com