マガジンのカバー画像

ケアのこと

24
人の強みや繋がる力を引き出していく。ケアする人、される人という二者をつくらない。人の流れをつくり、ケアの連鎖をつくってゆこうとしています。 撮影:AsakoShimizu
運営しているクリエイター

#児童発達支援

「ほっちのロッヂには、笑い声と同じくらい泣き声も響き渡ります。 ほっちのロッヂは楽しいだけの場所ではありませんし、楽しいだけの場所にしたくない、とも思っています。」今月のちょっと長めのつぶやき(かれん)

先日ほっちのロッヂに予防接種に来た子が、泣きながらこう言っていました。 「注射はやだ。でもほっちのロッヂだから来たの。だって、いやって言っていいんだもん。泣いてもいいし。」 *** 一方で、障がいと共に生きる子のお母さんの役割をもつ方はこう言いました。 「この子、悔しいって思うことあるのかな。みんな優しくしてくれるから。できなくてもいいよ、って思っちゃうし。できなくて悔しい!って一緒に味わってみたい。」 そしてその数日後、彼は「地団駄を踏む」ことを経験しました。

スキ
17

「ほっちのロッヂが交差点みたいに混ざり合うところになる。それは心が動き、じんわりする。」今月のちょっと長めのつぶやき(ゆっきー)

こんにちは、ゆっきーです。 食べることが好きな私。ほっちのロッヂのお台所から作り出されるランチが楽しみな毎日を送っています。 今月は私が活動の中で感じたことを綴っていこうと思います。 お米の収穫に、地元上田に戻り家族総出の年中行事で稲刈り。 珍しいカエルさん! じんわり、嬉しい。混ざり合う景色「最期の時間をお家で過ごす」と決めていたロハさん。ほっちのロッヂのメンバとは、訪問診療と訪問看護という出会い方でした。ロハさんの暮らしに少しだけ入らせてもらったのは1週間に満たない期

スキ
9

ほっちのロッヂwith医ケアキッズはじまります!✳︎児童発達支援、放課後等デイサービス9/1よりスタート✳︎

ほっちのロッヂとして、軽井沢町での本格的な活動を始めて早一年。 9月1日、新たな事業が始まります! ほっちのロッヂを運営する医療法人オレンジでは、オレンジのある福井県にて訪問診療での関わりはもちろんのこと、2012年より一般社団法人 Orange Kids’ Care Lab.として、医療ケア児が集うことの出来る場所(児童発達支援・放課後等デイサービス・生活介護)を開設し、そこを拠点として子どもたちと共に町中へ飛び出す活動を続けてきました。 病院から家へ、家から公園、学

スキ
19