ケアのこと

22
「ほっちのロッヂが交差点みたいに混ざり合うところになる。それは心が動き、じんわりする。」今月のちょっと長めのつぶやき(ゆっきー)
+3

「ほっちのロッヂが交差点みたいに混ざり合うところになる。それは心が動き、じんわりする。」今月のちょっと長めのつぶやき(ゆっきー)

こんにちは、ゆっきーです。 食べることが好きな私。ほっちのロッヂのお台所から作り出されるランチが楽しみな毎日を送っています。 今月は私が活動の中で感じたことを綴っていこうと思います。 お米の収穫に、地元上田に戻り家族総出の年中行事で稲刈り。 珍しいカエルさん! じんわり、嬉しい。混ざり合う景色「最期の時間をお家で過ごす」と決めていたロハさん。ほっちのロッヂのメンバとは、訪問診療と訪問看護という出会い方でした。ロハさんの暮らしに少しだけ入らせてもらったのは1週間に満たない期

スキ
9
2019年9月、軽井沢町で、訪問看護事業を始めます。
私たちは、訪問看護事業を 「家に訪問し医療のサポートをしたり、町全体の健康を考える活動のこと」と捉え、動き出します。

2019年9月、軽井沢町で、訪問看護事業を始めます。 私たちは、訪問看護事業を 「家に訪問し医療のサポートをしたり、町全体の健康を考える活動のこと」と捉え、動き出します。

2020年4月のほっちのロッヂの全事業開始に先駆けて、2019年9月、私たち 「ほっちのロッヂ」は、”訪問看護事業”を、開始することになりました。 私たちは、訪問看護事業をこのように捉え、動き出します。 「家に訪問し医療のサポートをしたり、町全体の健康を考える活動のこと」 医療を含め、暮らしのことを四六時中、ずっと考えている看護師資格を持つ人たちがいます。 そんな人たちが家と家を訪問しながら町に出てきているのに、それで動きが完結してしまっていては、勿体無い、と思いません

スキ
36